十日町紬の着物の中古価格は、ネットオークションでは1,900円程度

十日町紬の着物が家にある人の中で、着ないから処分したいと考える人もいます。
そういった場合には、ネットオークションを利用する場合も多いのですが、自分で価格を設定しなければいけないので、相場を理解していないと相場よりも低い価格で売りに出してしまうことになるでしょう。

ネットオークションでの十日町紬の相場は、現在1,900円程度となっていますが、相場なので高いものであると30,000円を超える着物もあります。

もちろん目安に過ぎませんが、販売している人がバラバラなので様々な価格で出品されているということが考えられます。

十日町紬の着物の特徴

毎年着物まつりが開催されており、着物の産地として有名な新潟県十日町市で生産されている十日町紬は、幅広い世代に人気のある着物となっています。
節のある糸を使用して織られている着物なので、優しい手触りが特徴的であり着心地が良いと着物好きの間でも評判となっています。
そして、デザインの特徴から十日町紬は特に普段着として使われることが多いようです。

その理由としては色彩やデザインが挙げられます。
シンプルなものから個性的なものまで様々ですが、伝統的な格子柄などもあり、若い世代からお年寄りまで世代を問わずに楽しめる着物となっています。
そのため、家族で受け継がれることもあり多くの人に親しまれているのです。

近年は色彩も華やかなものが多く、モノトーンから様々な色を散りばめた着物も多く作られています。
帯や小物を変えることで違う雰囲気となりオシャレがより楽しめる着物と言えるでしょう。

同じ着物でもイベントや季節によって違った雰囲気に着こなすことが可能となるでしょう。
カジュアルな柄の着物も多いので普段使いには最適です。

着物と言えば、京都が有名ですが新潟県十日町市は京都に次いで着物の生産が盛んに行われています。
歴史も古く、様々な着物の種類があることで有名です。
そんな十日町紬も着物の産地として有名な十日町市で生産されていますが、なぜ十日町が着物で有名なのかご存知でしょうか?

それは、十日町市の風土が関係していると言われています。
新潟県の中でも十日町市は雪国として有名です。
冬場は寒さで辛い日々も続きますが、着物にとっては良い環境となります。
湿度が高くなることで絹糸が傷付きにくくなるため、高い品質のまま生産することができるのです。

また、織り物には欠かせない水も十日町市には豊富にあります。
冬に多くの雪が降ることで、雪解け水が川や土に大量に流れ込んで地下水となり、その地下水が井戸から汲み上げられて織物に使用されていくのです。

織り物には染料を洗い流す際に水が多く必要になるので、地下水が大変役に立ちます。
また、水が綺麗なことで染めの発色も良くなるので、十日町紬の着物は綺麗な色味を出しているのです。

着物を生産するには絶好の条件が重なる新潟県十日町市で作られた十日町紬は、これからも様々な柄や色味の着物が生まれていくことでしょう。

十日町紬の着物を高値で売るコツ

伝統的な着物の生産地から生まれた十日町紬の着物は、普段使いに便利なので欲しいと考える人はたくさんいるでしょう。
そのため、高額でも買い取りたいと考える人も中にはいるはずです。
ですが、きちんとした価格がわからなけば、ネットオークションへ売りに出すことも難しいと考えられます。

そういった場合には着物専門買取業者に依頼することをおすすめします。
専門業者なので、着物についての知識を持った査定師が鑑定してくれます。
適正価格で買取を行ってくれるので、満足のいく結果になることが予想されるでしょう。

また、業者の中には出張買取や宅配買取を行うところもあるので、家の近くに着物専門買取り業者がなくても安心でしょう。