ざざんざ織の中古はどれくらいで売れる?

ざざんざ織の中古価格は、ネットオークションでは約3万~4万円程度

ざざんざ織を売ろうと考えた場合、どの程度の相場で売ることができるのか気になる方も多いでしょう。
ネットオークションサイトでざざんざ織の平均出品価格を見てみると、約3万~4万円程度で販売されていました。
あくまで目安の価格相場ですが、中には数千円のものから、10万円以上するものまで、幅広く出品されています。

ただ、中古品を10万円以上で売るのはとても難しく、ネットオークションでも売れ残ってしまう可能性が考えられます。
自分で適切な価格設定を行わなくてはいけないため、高値で売ることは難しいでしょう。

ざざんざ織とはどんな着物?

ざざんざ織とは、静岡県浜松市中島町で誕生した紬の織物を指します。
ざざんざ織を手掛けた初代平松実氏が、民芸運動の一翼になれればという思いで完成したのがざざんざ織です。

元々織物業を営んでいましたが、ざざんざ織は製造機器に頼らず自然の力と人間の手によって編み出される織物となっています。
そんなざざんざ織の気になる名称の由来ですが、元々松風を表現した言葉で、浜松で足利義教が松風を表現する際に「ざざんざ」と詠んだことから、浜松に根付く言葉になっていったと考えられます。

ざざんざ織はそんな素敵な言葉が由来となっているのです。

ざざんざ織の製造方法は、まず絹の中でも大量生産することが難しい玉糸を糸にする作業から始まります。
絹ならではの光沢感とツヤを出しつつ、玉糸は2匹の蚕から作られるため、糸の太さに若干の違いがみられ、その違いが織物にした時に面白い変化として表れます。

糸にしたら次は染色を行います。
染色は草木染めで行い、自然の色合いを引き出します。
草木染めはとても面倒な染色方法ですが、草木染めでしか出ない風合いがあります。

続いて行われるのが糊付けです。
染色が完了した糸にふ糊を使って糊付けされていきます。
その作業が終わると今度は整経していき、反物になる長さを揃えてから経糸を綜絖と筬に通し、緯糸を小管に捲いて機で織り上げることで反物が出来上がります。

仕上げに反物を湯通しすれば完成です。
このように、手間のかかる工程が多く作業一つ一つが大変な作業となりますが、その分人の手で作った温もりが伝わる、肌触りの良い織物に仕上がります。

また、丈夫さもあるのでいつまでも長く使いやすいという特徴があります。

ざざんざ織の特徴としては、何と言っても絹の玉糸で作られていることで生まれる肌触りの良さです。
生地の滑らかさは絹ならではのもので、ざざんざ織の着物を着用していると自分の体に自然に馴染んでいくのが分かります。

古典的な柄物が多いものの、モダンな柄なども登場しているため、幅広い年代の方に利用しやすい織物と言えるでしょう。

また、アイテムも着物以外にネクタイやマフラー、小銭入れなどが製作されており、平成15年に美智子妃殿下が静岡県に訪れた際には、丸2ヶ月間かけて仕上げたざざんざ織の最高級ストールが献上されたこともあります。

ざざんざ織を高値で売るコツ

ざざんざ織には実は偽物も存在し、見た目で判断することが難しい場合があります。
そのため、高値で売るコツとしてネットオークションで詳しい価格がわからないまま売ってしまうよりも、着物専門の買取業者に買取査定してもらい、正しい査定額を出してもらうことが大切です。
無料で買取査定を行ってもらえる業者もあるので、そちらで依頼すると良いでしょう。

また、そのまま買い取ってもらった方がこちらで売る手間も省けます。
相場よりも高値の買取査定額となったら、そのまま業者に買い取ってもらいましょう。

ちなみにざざんざ織は反物に刻印がされている場合があります。
刻印がされていると本物である証となるので、高値での買取りも可能と言えます。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ