由水十久の着物の中古品の値段は25000円程度

由水十久の中古品の値段は、インターネットオークションのヤフオク!での買取相場によると、25000円程度と見られています。高いものだと、インターネットオークションであっても12万円程度で取引されています。
インターネットオークションでは、正しい相場がわからないため、本来ならば着物の買取ショップで査定してもらうべきでしょう。

由水十久とはどんな着物?

由水十久とは、加賀友禅の代表的な作家の名前です。
加賀友禅の特集が組まれると、かならず由水十久が紹介されるほどに、有名になった作家です。

由水十久は、幼いころより日本画をならっていました。そして日本国内はもとより、海外でも個展を開くなど精力的に活動してきた作家です。
加賀友禅は、写実的な草花模様が多いのですが、由水十久は人物画を好んで模様にしてきました。
人物画は、模様としてはとても扱いにくいものです。とくに、童(子供)に対しては思い入れがあり、オリジナリティあふれる世界観を持っています。

作品はとくに筆書きが冴えていると好評で、本物志向の現代にもマッチしています。能や歌舞伎、古典文学など、着物だけでなく、染色による大画面の壁画装飾など、他ジャンルに対して意欲的に取り組み、代表的な作家となりました。才能を多くのジャンルで意欲的に発表しました。
美しい色合いと、人物画を特徴とした着物は価値が高く、中古ショップでも高値で取り扱われています。くすんだ色がなおも新しく、童をモチーフにした作風で、さまざまな柄を付け加えて描き上げます。由水十久の着物は数十年前の作品となりますが、保存状態が良ければ高値で取り扱われます。

石川県金沢市に伝わる伝統工芸を、継承しています。絵画を思わせるような作風です。
加賀友禅は、作家によっても雰囲気が異なります。由水十久は特に童の文様を大切にしています。加賀友禅の中でも人物画をモチーフとした由水十久は、特に強い個性を放っています。

由水十久を高値で売るコツ

やはり由水十久に限っても、保存状態の良さがもっとも高値で売るコツです。

ヤケやシミなどがない状態になるように、日頃から保管には気を配りましょう。ヨゴレやホコリなど、払えるものは払っておきましょう。

由水十久は、個性と魅力があることから、縁起物として扱われ、高い人気を誇っています。海外でも売ることができるため、高い値段で買い取ってもらうことができるのです。
より高い価格で買い取ってもらうために、海外に販売ルートを持つ買取ショップなどで査定に出すと良いでしょう。買い取った着物を、海外に販売することができれば、高い価格で流通させることができるからです。

インターネットオークションより、着物買取店で!

由水十久の着物を高値で買い取ってもらうには、インターネットオークションは不向きです。eBayなどで海外に売ることもできますが、価値が伝わらないため、それほど高い値段にはなりません。それに送料もかかります。

しかし、国内の買取ショップにて査定を依頼すれば、専門知識を持ったプロの査定士が鑑定してくれます。そのため、高値買取が可能となるのです。