弓浜絣の着物の中古価格は、ネットオークションでは37,000円程度

弓浜絣の着物を売りたいと考えている人は、中古価格でどれくらいで売れるのか相場を気にする人は多いでしょう。
ネットオークションで弓浜絣の着物を売った場合の金額を調べてみると、平均相場が37,000円程度という結果が出ています。

しかし、この価格は着物の正しい相場として断定できる金額ではありません。
ネットオークションでは、できるだけ商品を安く購入したいという利用者がほとんどで、高額になれば売れない可能性が高いでしょう。
ですから、弓浜絣の着物の売買を検討中の人はネットオークション以外の方法で買取してもらう方が良いと言えそうです。

弓浜絣の着物の特徴

弓浜絣が誕生したのは、江戸時代の半ばから後期にかけて各藩が財政の柱を構築するために様々な産業を求めたのがきっかけだと言われています。

現在の鳥取県弓ヶ浜半島で綿織物として弓浜絣は生まれました。

まず最初に木綿栽培から始まり、女性たちが家内手工業を営んで衣料品として弓浜絣が成立したのです。

弓浜絣の着物は、従来より憧れの木綿着物と言われるくらい品のある織物として有名でしたが、生地が厚く丈夫であるため労働着として扱われていたようです。

着る・洗う・着る・洗うを繰り返し行うことで、自然に生まれるトロリとした手触りは弓浜絣にしか出せないもので、絶品の一言に尽きます。
農民たちの衣料として始まったものだけあって、素朴な風合いがなんとも言えません。
絵絣の技法を活かしつつ「厄除け」「縁起物」「吉祥」と生活に関係する柄が繊細かつ大胆に織りこまれています。

弓浜絣を作る上で欠かせないのが藍の存在です。

藍は日本人の身近な染料として古くから根付いてきたものです。
藍をたてる方法は、割たてといって発酵たての藍に化学藍を混ぜ合わせてたてていくものと、石炭などに藍を混ぜて発酵させる方法があります。

そして、畑から収穫した綿花の種を取り、ほぐす、丸めてから糸車で撚りをかけて糸を紡ぎます。
糸車を右手で回して左手で糸の撚りや張り具合を調整しながら引いていく作業は、着心地を左右する重要な工程でもあります。

弓浜絣の絣作りは、種糸台に張った糸に型紙を乗せてその上から墨で印を残していく工程です。
印を残した種糸は整経した糸と合わせて絣をつけていく目印にします。

この目印に沿って一つずつ防染のための「手括り」が行われていくのです。

長い時間を経てようやく機に糸がかかる工程「機織」に移ります。
絹と綿は伸縮性が異なるので間先と呼ばれる経糸を張る時は長さ調整する必要があります。

昔の機と比べると今の機は大きいことから、弓浜絣をつくりあげた当時の人はとても小柄だったことがわかります。
最近では、着物以外にも巾着やコインケース、テーブルセンター、コースターなどの小物も多く作られ弓浜絣を生活に取り入れやすくなっています。

1975年に無形文化財に指定されたことをきっかけに「絣を保存する会」や「絣を制作する工房」が設立され、さらに弓浜絣の存在が周知されてきているようです。

弓浜絣の着物を高値で売るコツ

弓浜絣の着物は伝統ある技術を使って素朴な柄や頑丈で洗いやすい着物として人気があります。
中古品でも購入希望者が多いため比較的高く売ることができますが、包装や証紙などを一緒に保管してあるとより高額な売買が期待できるでしょう。

また、着物専門買取業者で査定してもらうことで着物の正確な価値を評価してもらうことができるので、さらに高額な価格を提示してもらえる可能性があります。