結城紬の中古売却相場は35000円程度

インターネットオークションのヤフオク!などで結城紬を売却すると、状態が良いものであれば、35000円程度で取引されています。
証紙がついていて仕立てが良く、保存が良いものであれば、高値買取が可能です。

ですが、これはあくまで目安に過ぎず、実際には買い取り業者に依頼することでより高い値段で買い取ってもらえます。

結城紬は、時間の経過とともに美しくなるため、経年変化によってより高い価値を持ちます。古い結城紬ほど、人気となっているのはそのためです。
湯通しや洗い張りによって、真綿糸を扱うために使った小麦粉による糊付けが落ち、着込むことで真綿のケバが取れるようになります。繰り返して着ているうちに、布が絹本来の光沢の美しさを魅せるようになります。そのため、状態の良い着込まれた結城紬ほど、高い価値がでるのです。時間が経つほどに、美しさが育まれています。

結城紬とはどんな着物?

結城紬とは、真綿から手でつむぎだした着物です。真綿は蚕の繭を煮て、柔らかくして広げたものです。

やわらかくて空気をたくさん含んでいるので、とても着心地の良い素材です。
これを人の手でつむぎだしていることによって、素材の良さを損なわず、優れた品質の糸ができあがるのです。

結城紬は、日本にある紬のなかでも縦糸と横糸の両方に手つむぎ糸をつかっています。それゆえ、最高峰とよばれているのです。

上質な着物になるため、古くから愛用されています。奈良時代から献上品として使われ、江戸時代以降は庶民の間でもちょっといい着物として人気となりました。最上級の着物として知られています。
国の重要無形文化財に指定されており、細かい縞を特色とした最高級品です。

昔は頑丈な織物だったのですが、糸が細くなってきたため、現在では軽くて柔らかい感じの着心地の結城紬がほとんどです。茨城県の結城市で作られているので、結城紬といいます。
栃木県では、小山市から下野市付近まで、茨城県側は結城市周辺で作られています。
その地方では養蚕がさかんで、農閑期に農家の副業として、紬が作られたのが始まりです。
2010年には、ユネスコ無形文化遺産リストにも登録されるほど、世界的に認められている着物です。

結城紬を高く売るコツ

もちろんですが、良い状態で買取査定に出したほうが、高値で取引されます。状態がとても重視されますので、汚れやホコリなどは取り除いておきましょう。また、破れ、シミ、ヤニなどはマイナス査定になります。

日頃から保管状態に気を配って、買い取りにはきれいな状態で出すようにしましょう。
状態の良し悪しが非常に買取査定に大きく影響するのですが、状態がいいものであれば、インターネットオークションで状態がよくわからない中、売却するよりも、着物専門の買い取り事業者に依頼したほうが高く売れます。

付属品なども、揃っていると高値買取になります。箱や証紙などが揃っていると心強いでしょう。
なくても買い取りは可能ですが、あるほうが高値買い取りになります。

結城紬は、有名な着物のため、取り扱っている業者も多いのが特徴です。そのため、複数の買取ショップ・着物買い取り業者に査定を出してみて、高い方に依頼するというやり方もあります。
結城紬は、古いものであればあるほど、目利きが非常に難しく、査定は困難になります。そのため、買取金額が業者によって大きく異なるのです。
できるだけ多くの業者で買取見積もりに出し、比較検討してみるといいでしょう。