吉沢織物の着物の価格は、ネットオークションでは165,000円程度

吉沢織物は新潟県十日町にある着物メーカーです。
吉沢織物の着物は高品質なものが多く、中古品でも高く売れる可能性はあります。

ネットオークションでは中古品が見られませんでしたが、新品の価格相場は165,000円程度でした。
中古品とは異なりますし、中古品はなるべく安く買いたいという人が集まるネットオークションでは高値で売ることは難しいかも知れません。

吉沢織物の着物を売るならネットオークション以外の方法で売った方が良いでしょう。

吉沢織物の着物の特徴

吉沢織物は、十日町市内にある着物会社の中で最も古い歴史を持つと言われているメーカーです。
初代は江戸時代宝暦年間に活動していた吉澤伴治郎が創業した会社となっており、現在は8代目が社長を引き継いでいます。

そんな歴史のある着物会社ですが、ここで作られる着物の特徴は、昔ながらを活かした古典友禅であることです。
着物であっても現代のトレンドを取り入れていたり、模様を変わったものにして現代の人が着やすいように作られている場合があります。

しかし、吉沢織物では昔から伝承されてきた模様や色合いを大切にしています。
特に模様は色とりどりの花模様が多く、昔の資料を参考にしつつ、新しい図案を完成させていくのです。

華やかな古典柄の着物は飽きを感じにくいため、次の世代にも受け継ぎやすい着物と言えます。
実際に、母親や祖母から受け継がれた振り袖を今の若い人達が着て成人式に出ることも少なくありません。

ファッションのトレンドが繰り返されますが、着物の古典柄はいつの時代に着ても着やすいものなのです。

吉沢織物では、型染め技法を取り入れて全て一貫的に行っています。
京友禅では分業が基本ですが、十日町友禅では一貫して作られることが多く、吉沢織物でも同じスタイルで着物を制作しています。

塗りはもちろん、金彩加工を施し振り袖の華やかさを演出させています。

また、吉沢織物では十日町友禅の他にも明石ちぢみという着物を制作しています。
明石ちぢみとは、400年以上前に考案された織物で、強撚糸の緯糸で織られており、独特のシャリ感と透け感を生み出している夏物の着物です。

高度な技術を必要とし、戦後には一時期生産がなくなってしまったのですが、伝統的工芸品に指定されたため、復刻に尽力し現在ではその姿を見ることができるようになっていきました。

明石ちぢみの特徴は、別名で「蝉の翅」と呼ばれる程生地が薄く、風通しや肌触りの良さがあって清涼感を感じられる着物となっています。
ですから、夏を感じたい方にピッタリな織物と言えるでしょう。

振り袖のような華やかで豪華絢爛という言葉が似合いますが、明石ちぢみの場合無地やシンプルの模様が多くを占めています。
しかし、その色合いはとても優しく大人が着用したくなる着物です。

吉沢織物の着物を高値で売るコツ

高級着物が多い吉沢織物ですが、高値で売りたい場合は上記にもあるようにネットオークションで売るのは止めた方が良いでしょう。
正しい価値を知らないまま出品してしまっては、実際もっと高く売れたのに安い価格で売れてしまうケースも考えられます。
ですから、高値で売りたい場合はネットオークションではなく着物専門買取業者に依頼すると良いでしょう。