吉田文之の着物の中古価格は、ネットオークションでは数万円程度

工芸家であった吉田文之氏は、撥鏤製作以外にも西陣織の帯の監修も務めていたことがあります。

そんな吉田文之氏の帯が中古価格でどれくらいの価格になるのか分からない方もいらっしゃるでしょう。
ネットオークションでは新品・未使用のものですが、およそ7万円で出品されていました。
あくまでも相場なので必ずしもこの価格にはなりませんが、中古品となるともっと値段が下がってしまう可能性は十分に考えられます。

そのため、ネットオークションに出品することは高値で売れない可能性があります。

吉田文之の着物の特徴

吉田文之氏の着物・帯の特徴としては、品の高さが窺い知れるところです。

例えば、京都の西陣織の名門織元でもある「いづくら織物」の帯を監修した作品は、正倉院文様の華文をゴージャスに彩り、それでいてどこか一歩引いたような品の良さが感じられる作品となっています。

また、正倉院組紐平緒が織り交ぜて作られている袋帯は、上記の作品よりも華やかさがあるわけではありませんが、シンプルが故に上品で洗練された美しさを持っており、帯をじっくりと見つめると繊細な柄が浮かび上がるという、粋も感じられるような作品です。

このように、吉田文之氏の和装作品は、上品に着こなしたいシーンにぜひとも身に着けたい逸品ばかりなのです。

元々吉田文之氏は着物作家ではなく、工芸家として活動していました。
大正4年に誕生した吉田氏は、父の元で撥鏤・螺鈿といった漆工芸の技術を学んでいました。

32歳の時に独立し、さらに撥鏤製作と研究を続け、撥鏤に関して唯一無二の工芸家として有名になっていったのです。
その後、工芸展には撥鏤以外にも帯留めなど様々な種類の工芸品も展示されるようになりました。

昭和54年になると撥鏤で作られた尺を復元、昭和58年には撥鏤のばちを復元し、どちらも正倉院へ納められました。
この功績によって、昭和60年には重要無形文化財の人間国宝に認定されたのです。

撥鏤は象牙を染料で煮詰め、そこに繊細な紋様を彫っていきます。
掘られた部分はとても細い筆を使い、顔料を塗っていくことで完成されます。

撥鏤の技法により象牙に彫られた文様が、まるで浮かび上がっているように奥行きを感じられる作品となります。
元々奈良時代から伝来した技法で、正倉院には数々の撥鏤を使った作品が眠っているのです。

残念ながら吉田文之氏は2004年に享年89歳で死去されていますが、今もなお吉田文之氏の撥鏤作品は多くの人に愛されています。
撥鏤作品も鮮やかさや奥行きさが感じられるように、監修された帯にも色や紋様の緻密さによって作り出された奥行きが感じられるものが多く見られます。

まるで美術品のような、使用するのが少しもったいなく感じてしまう程の艶やかな帯となっているのです。
結婚式など大切な場で身に着けたい作品と言えるでしょう。

吉田文之の着物を高値で売るコツ

吉田文之氏の着物は高値で売ることも可能ですが、ただネットオークションへ出品するよりも着物専門買取業者に依頼した方が良いと言えます。
なぜなら、ネットオークションでは自分で出品価格を判断しなければならず、本当はもっと高値で売ることができたのに、安く価格設定をしてしまう恐れがあるためです。

吉田文之氏の着物を高値で売る際は、本当の価値を知っている査定士に依頼すると良いでしょう。
着物専門買取業者がきちんと正しい価格で査定してくれるだけでなく、買取に至るまでも行ってくれます。

また、ネットから申し込める買取業者(スピード買取.jpなど)であれば、わざわざ店舗まで着物を持っていかなくても出張買取や宅配買取が可能です。