米沢紬の着物の中古価格は、ネットオークションでは17,000円程度

山形県米沢市で生産されている米沢紬は、着物だけではなく洋服や小物などにも使われ幅広く販売されています。

米沢紬の着物の中古価格をネットオークションで検索してみると、17,000円前後という結果が出ました。
もちろんこの値段は目安に過ぎませんが、オークションで高値で売る事は難しい可能性があります。

米沢紬の着物の特徴

米沢紬は、山形県米沢盆地で生産されている紬織物です。
長井町では特に多く生産されているため、「長井紬」とも呼ばれています。
また、琉球紬にも似ていることから米沢琉球紬(米紬)とも言われることもあります。

製法は、藍や紅花などの草木で染めた紬糸と玉糸を平織りにし、絣模様が特徴の先染め織物です。
糸染めと織りが程良く合わなければいけないので、絣模様を織る作業は非常に難しいと言われています。

米沢紬での絣は基本的に緯糸のみで絣糸を使っていく緯絣の織物です。
この緯絣の米沢紬にアクセントとして経糸をつける綾織りもありますが、非常に手間がかかる工程を経て作られるので時間をかけながら作られていきます。

絹糸は蚕の繭から作り、縦糸と緯糸に分け精錬していきそれを染色したら水洗いを行い糊付け・乾燥をしその後やっと織り作業に入っていきます。

米沢紬は、着物以外にも座布団や服の生地など身近なものにも使用されている紬織物です。
もともと米沢紬の生産が始まったのは、江戸時代(慶長年関ケ原の戦い後)と言われています。

江戸時代初期米沢は、藩の収益を増やすために桑や漆などが栽培されていました。
上杉氏がこれらを米沢に入った時、越後や奈良などに特産品として織物産地へ専売して販売していました。

そして、米沢藩第9代藩主・上杉治憲が経済的に苦しかった藩を立ち直すために藩政改革の一環として紬生産を奨励したことがきっかけだっとと言われています。

明治時代には絣の技術を取り入れるために越後から指導者を迎え入れ、大きく紬生産を発展させたのだそうです。

縮役場を設立させ、織り方などの技術を家中の女性に教え、内職として習得させてどんどん普及していきました。
このような歴史を経て米沢の紬織物は今現在まで伝統品として継承され続けてきたのでしょう。

今では海外にも輸出されるほど有名な紬織物となっています。
そのため米沢紬の特徴や製法は、昔と変わらず今もなお作り続けられてきています。

米沢紬はふんわりとした柔らかい手触りが特徴で、模様も細かく華やかに染められており、糸の色の混ざり具合も絶妙です。
合成染料では決して作り出せない草木独自の色合いに魅了される方も多いでしょう。
米沢紬の先染めは藍や紅花など自然材料によって染められているので、世界で1つしか存在しないオリジナルの染紬として人気があります。

特に注目されているのは、紅花紬で紅系の色を中心に黄色やオレンジ色を使って上品さも兼ね備えています。
ふわっとした質感と独特な肌当たりが女性らしい温かみをより感じさせてくれる風合いです。

米沢紬の着物を高値で売るコツ

最近の米沢紬の着物は、若者向けのデザインや色合いなども作られるようになってきました。
独特な色合いや風合いで、こだわりの多い織物であるため高額であっても買取りしたい人はたくさんいるはずです。

正式な査定金額をみてもらうためには着物専門家から査定してもらった方が高額買取が望めるでしょう。
自宅に米沢紬がある方は、一度どのくらいの価値があるのか査定してもらってはいかがでしょうか。

着物買取専門業者では、店舗買取り以外にも無料で出張買取・宅配買取を行っているところもあります。
自宅から店舗まで遠い人や、大量買取を希望する人はわざわざ店舗まで持ち寄らなくてもいいので負担も少なくなることでしょう。