米沢黄八丈の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

米沢黄八丈の買取り相場はオークションではいくらなの?

自宅に保管している米沢黄八丈を売るのなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。

ネットオークションで米沢黄八丈を売る場合を調べてみると未使用美品の反物が24,800円で買取りされています。
逆に最安値は510円からあり価格の幅が広いことが分かります。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

米沢黄八丈を高値で売るのならその価値が十分に分かる着物買取店にみてもらうのがおすすめです。

参考:米沢黄八丈を買取りしてくれるお店一覧

お店では無料査定を行っているので、買取り額に満足なら売ることを考えてみましょう。

米沢黄八丈の特徴を徹底解説!

米沢黄八丈とは、山形県米沢市で生産された織物です。
元々米沢市やその周辺地域では織物の原料となる素材(からむし)や草木染めで使われる紅花栽培が盛んに行われており、米沢から全国の織物産地へと出荷されていました。

その後は上杉鷹山公の産業振興によって米沢自体を織物の産地に生まれ変わらせています。

米沢は織物の産地として進化を遂げていく中で、様々な種類の織物が誕生していきました。
その中の一つが、米沢黄八丈です。

米沢黄八丈は嘉永3年(1850年)に与板組の坂田春五郎が、本場黄八丈を参考に織り出されました。

元々黄八丈というのは八丈島で生産された絹織物で、島に自生している刈安(コブナグサ)の煮汁を使用することで鮮やかな黄色に染め上がります。
八丈島は古くから織物が受け継がれており、室町時代には貢納品に白紬を納めていたと言われているほどです。

そんな八丈島で作られた黄八丈を元に、坂田春五郎は米沢周辺の原料を使って織り上げていったと考えられます。

米沢黄八丈の特徴は、本場黄八丈と同様に黄色や茶色、黒色の3色を基本とし、縞模様や格子模様に織り上げているという特徴を持っています。
また、植物が原料の草木染めが用いられていることから、洗濯しても変色しづらく、洗っていくと色味も鮮やかになっていきます。

絹素材で作られているため、手触りや着心地も滑らかに仕上がっており心地良く着られるでしょう。

絹織物ではあるものの、米沢黄八丈は格式高いシーンには使われず、日常的に着用されることが一般的です。
最近では黄八丈の黄色地を活かしつつ、模様に使っている色を茶色・黒色以外から取り入れるケースも増えてきました。

例えば緑色は黄色地との相性がよくなりますし、赤色は鮮やかさが増します。
古い時代から受け継がれている伝統は守りつつ、新しい米沢黄八丈が生まれているのです。

米沢黄八丈を高値で売るコツ

自宅で眠ったままになっている米沢黄八丈を売るのなら、証紙とセットで売ることを心掛けましょう。
証紙は産地を証明するためのものであり、米沢黄八丈であることが認められるものです。

もう一つのコツは、正しい価値を見極められる人に売るというものです。
その点、着物に深い造詣のある査定員のいる着物買取店なら安心です。

参考:米沢黄八丈を買取りしてくれるお店一覧

宅配査定や出張買取りにも応じてくれるのでその利便性の高さも魅力です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ