与那国織の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

与那国織の買取り相場はオークションではいくらなの?

およそ500年の歴史を持つ与那国織は、日本最西端にある島で生産されている貴重な織物です。
与那国織が不要になり売る事を考えているのなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。

ネットオークションで与那国織を売るケースだと、中古の最高値は152,000円になっています。
最安値は1円からあり、価格の幅が非常に広いです。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

与那国織を高く売るのなら、着物の価値を熟知している着物買取店に見てもらうのが安心です。

参考:与那国織を買取りしてくれる店一覧

店は無料で査定してくれるため、提示額に満足の場合に限って売ることを考えてみると良いでしょう。

与那国織の特徴を徹底解説

沖縄県八重山郡与那国町で生産されている与那国織は、与那国地域で発展した手法によって織り上げられた、素朴な味わいが持ち味の織物です。

織りの技法は「与那国花織」「与那国ドゥタティ」「与那国シダディ」「与那国カガンヌブー」と4つに分類されています。
どの技法も自然に自生している植物による染料で染め上げられ、デザイン・染色・織りなど各工程に関わる作業は1人で担当するようになっています。

最も生産数の多い荻織物の与那国花織は、子縞柄や小さな花模様が織り出され直線的な幾何学模様が大きな特徴です。
花織はダチン花(8つ花)、イチチン花(5つ花)ドゥチン花(4つ花)と呼ばれています。

時代や流行と共に色彩やデザインが変化していますが、美しい花々が咲き誇っているような優しさを感じさせる多彩な織物であり、古くから親しまれてきました。
4枚の身ごろで仕立てられるドゥタティは、ミウト絣の模様をあしらったカガンヌブーと共に祭事の場で着用されてきました。

今日でも島人は与那国織に身を包み、豊年祭や各行事に参加しているようです。

与那国織の始まりは室町時代にあたる15世紀頃まで歴史を遡ります。
朝鮮の史書では、1479年に与那国島で機が織られていたと李朝実録に記されていたようです。

16世紀頃になると琉球王国への献納品になっていたと言われ、役人だけが与那国織の着用を許可されていたと言われています。

戦中戦後は糸を入手することが困難で漁業網を解いて織られていたり、機織り自体が品薄になっていた時期もあったようですが、1979年に「与那国町伝統工芸館」が建設されてから、与那国織の復活を目指す動きが始動し今日に至っています。

与那国織は下記の流れで行われていきます。

  1. 糸の精練
  2. 糸染め
  3. 糸巻き
  4. 整経
  5. 糊張り
  6. 縞割り
  7. 仮筬通し
  8. 経巻き
  9. 縞割りの確認
  10. 綜絖通し
  11. 花綜絖通し
  12. 筬通し
  13. 織り付け
  14. 柄出し
  15. 製織
  16. 洗濯
  17. 検査
  18. 製品

与那国織に使われる素材は、絹糸・綿糸・麻糸・芭蕉糸です。
染料に使われる植物は、テカチ・福木・クロトン・琉球藍などで、泥染も併用しています。

糸や柄はどちらも格調高く、着尺地や帯地、手ぬぐいなどの用途で作られていました。

与那国織を高値で売るコツ

与那国織を少しでも高く売るのなら、織物に汚れや汗じみ、シワなどがないか確認しておきましょう。
伝統工芸品である与那国織は、手間をかけた作業工程や島にしかない染料を使って生産された希少価値の高い織物です。
着物の産地や品質を表す証紙などがあれば、必ず一緒に査定してもらうようにしてください。

また、買い手には着物への知識が十分にある着物買取店を選ぶのがおすすめです。

参考:与那国織を買取りしてくれる店一覧

こういった業者は訪問での査定や宅配買取りに対応しているので非常に便利です。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ