山口美術織物の着物はどれくらいで売れる?

山口美術織物の着物の中古価格は、ネットオークションでは31,000円程度

山口美術織物の着物を売りたいと考えた時にネットオークションの利用を検討する人も多いでしょう。

ネットオークションの相場としては、31,000円程度となっていますが状態によってもバラつきがあり、安いものであると20,000円以下で出品されている着物も多く、高いものであれば60,000円以上の着物もあります。

ネットオークションでの相場は目安にしか過ぎないため、適正価格や高値で売りたい場合などは他の方法を検討するのがおすすめです。

山口美術織物の着物の特徴

山口美術織物は京都にある唐織メーカーです。

1992年に設立されたまだ新しい会社ですが、1997年に第一回紫雲会同人会作品展を主催し、唐織きものの「唐織御衣」を発表したことで多くの人の目に留まるようになったのです。
もともとは帯地を専門に取り扱いをしていましたが、着物地も多く手掛けるようになり、皇室御用達の着物でもあります。

また、2000年に映画「千年の恋 ひかる源氏物語」の衣装の制作を協力したことにより、十二単や束帯、平安王朝期の衣裳を復刻させたことで、テレビや映画業界の人の目にも止まり、2003年にはテレビドラマ「大奥」シリーズの衣装も手掛けることになったのです。

その後も舞台や映画などたくさんの衣装製作を手掛けることで、着物の美しさに魅了され着物好きの間でも憧れの着物となりました。

山口美術織物の着物を製作するデザイナーの一人に松本圭祐氏がいます。
1988年に埼玉で生まれ、テレビドラマ大奥に魅了されて自分でも着物を作ってみたいとの想いから染色について勉強し、埼玉県立芸術総合高校を卒業後は京都造形芸術大学に入学し大学院まで進みました。

2011年には松本圭祐KIMONO展を開催し、明治座60周年記念公演「黒蜥蜴」や映画「北のカナリアたち」、テレビドラマ「女信長」など多くの舞台の衣裳を手掛けてきたのです。

松本圭祐の着物のデザインは特徴的で、他の着物にはないデザイン性をしています。
大きな蜂をあしらった着物や龍が着物全体に舞っている柄であったりと、柄の構図を大胆にあしらう着物が多くあるほか、ビビットなカラーを組み合わせることで印象に残る着物を製作しているのです。

デザインを作るときには必ず意味を持たせ、花鳥画や琳派、狩野派などの作品、ゲームや漫画、アニメなど現代の文化を取り入れることで、物語のストーリーや世界観を着物におとしこんでいるのです。

山口美術織物の着物は、唐織りを用いて作られています。
中国から伝わった伝統的な技法で、ふっくらとした風合いが特徴で色糸を浮かせて織っていくので刺繍のような見た目となり豪華な着物となります。
縦糸に生糸を1本だけ使う技法となっているので、重量を軽減させることができるため内掛けにしても負担なく羽織ることができるのです。

山口美術織物では多くの婚礼衣裳も手掛けているので、結婚式に着たいと考えている女性が多くいます。

山口美術織物の着物を高値で売るコツ

山口美術織物の着物は高価なものが多くあるのでネットオークションへの出品は控えた方が無難かも知れません。

売りたい場合には着物専門買取り業者に依頼をすることで、適正な価格で査定をしてくれます。
また、高値で売りたいのであれば証紙を一緒に持って行くようにしましょう。
帯や小物がある場合には一緒に売りに出すことで、さらに高い価格での取引が可能になります。

業者に行くことが困難な場合には、宅配買取りや出張買取りを行う業者を選択することで解決できるので事前に業者に確認すると安心です。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ