山鹿清華の中古はどれくらいで売れる?

山鹿清華の着物の中古価格は、ネットオークションでは13,000円程度

染織界の重鎮として多くの業績を残してきた山鹿清華は、帯を専門に手がけてきた芸術家です。
そのためネットオークションでは着物の出品はなく帯を売った場合の平均相場が載っていました。

ネットオークションで出品されている数は少なかったものの、相場は13,000円程度であることがわかりました。
これはあくまでもネットオークションの相場であるため、本来の価値を正確に判断できるとは言えません。

正しい価格で売るためには、別の方法で買取してもらった方がよいでしょう。

山鹿清華の着物の特徴

山鹿清華は大正時代から昭和時代の染織作家です。

1885年に京都で生まれ、西田竹雪、神坂雪佳、河辺華挙を師事に織物図案や日本画、図案を学び研究・製作を行ってきました。
その後、パリ万国工芸博で大賞受賞するなど、数々の展覧会で入選や受賞を果たしました。

創造的な業績を残したことで、1957年に日本芸術院の会員に就任し1969年には文化功労者に認定され近代日本の染織業界に手織錦芸術として歴然と輝き続けています。

山鹿清華は着物ではなく、帯を専門に作品を作りあげてきました。
独創的なデザインを持つ手織錦は、誰にも真似できない技術として時代を超えても人々に感動を与えています。

山鹿清華の作品は、染付ではなく染色させた糸を使用し織りで文様を出しているので間近で見てみると地織りの厚みや柄の質の違いがはっきりわかります。

日本画を学んでいたため、デザイン性も豊富でダイナミックな表現や色づかいに魅了される方も多いです。
撚りの強い光沢感のある綴糸で織られた作品などもあり、優雅でありながらどこか温かみのある手織りのやさしさが感じられるでしょう。

また、西陣織を代表とする「つづれ織」の技法を使った作品も残しています。
ほんの数センチの織物を1日かけて織られていくため大変手間のかかる技法です。

つづれ織というのは織物では、横糸をだぶつかせて縦糸を見えないように打ち込みをしていく織り方が特徴です。
四千年前にエジプトで生まれたコプト織が起源となっていますが、奈良時代での渡米を機に中国から日本へ伝えられてきた技法です。

歴史の都と呼ばれる京都の文化を背景に、四季の風物や美感を下絵にして織り手のイメージを織って重ねて、つづるという手織りの技を表現していきます。
多彩な模様は手の指の爪を使って緯糸を織り込み模様を表現していきます。

糸を織り込みやすいように爪の形をヤスリでのこぎりの歯のように刻んで爪で織り込んでいくという独特な技法です。
他の帯と比較すると太めの撚糸、経糸、緯糸を使っており、縦糸の上に横糸で絵を描くように仕上げ表面が立体的に描かれるます。

このように、つづれ織は手間と時間のかかる作業となるため、最高の芸術品であると称賛を浴びているのです。

このつづれ織で織られた山鹿清華の帯は、昭和時期では考えられないようなデザイン性があり、地織と柄の糸質の違いをうまく使って絶妙な色合いを織りなしています。
その模様が帯にそっくりそのまま形になると着物をよりぐっと引き立たせてくれることでしょう。

昭和の逸品ともいわれる山鹿清華の帯は、時代が経過しても非常に良い状態が保てることも魅力的です。

山鹿清華の着物を高値で売るコツ

山鹿清華の帯を高値で売りたいとお考えの方は、まず汚れやシワなどが入っていないかチェックしてみてください。
山鹿清華の作品は、世界にも名を残すほどの傑作品であるため高価買取が期待できますが、保管状態も非常に重要になります。

ネットオークションでは帯の立体的な模様などを高く評価することは難しいので、専門知識のある着物買取業者に依頼することをおすすめします。
その他、着物や帯、小物などがある場合は、一緒に買取りをしてもらうことで高値の取引も実現できますのでぜひお試しください。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ