矢萩春恵の着物の中古価格は、ネットオークションでは138,000円程度

矢萩春恵が監修している着物を売りたい場合、相場がいくらなのか気になる方は多いでしょう。
ネットオークションで矢萩春恵の着物を売った場合を調べてみると、平均相場は約138,000円です。
なかなか高値ですが、これはあくまでもネットオークションの相場であり着物自体の価値を示すものではありません。

矢萩春恵の着物は人気があるので競り合いによって価格が上がっていますが、他の買取方法ではより高値の価値がつく可能性もあります。

矢萩春恵の着物の特徴

矢萩春恵は東京生まれの女流書家で、毎日書道顕彰・啓蒙部門や文化庁長官賞など数々の賞を受賞している方です。

1974年に初の個展を開き、それ以来は東京や京都、大阪など国内はもちろん、香港やフランス、アメリカなど海外での個展を開いた経験もあります。
1989年から1991年までの間はアメリカのハーバード大学で客員教授を務め、東洋美術史学科で「書」の講座を担当し、女流書家の第一人者として活躍しています。

書家であるため着物を着る機会が多く、着物とも縁が深い方と言えるでしょう。

そんな矢萩春恵は着物のプロデュースを手掛けており、着物愛好家からも人気です。
その着物は十日町友禅で有名なブランドの「吉澤の友禅」が製造しています。

新潟県十日町は織物の産地として全国的にも有名であり、十日町明石縮や十日町絣など先染織物があります。
そして、染め着物として十日町友禅も生産されており、多くの愛好家から支持を受けているようです。

もともと染めの伝統は十日町にはありませんが昭和30年代から新たな試みとして、友禅染の技法を導入したことが十日町友禅の始まりとされており、色合いや華やかさは京友禅に近いです。

友禅は京都で扇絵師をしていた宮崎友禅斎が着物に絵を描いたことから、友禅染ができたとされています。
防染糊を使い、今までの技法では表現が難しかった模様も描けるようになりました。

友禅染は京友禅からはじまり、そこから金沢の加賀友禅、江戸で染められた江戸友禅、そして十日町の十日町友禅など様々な技法が確立されていったのです。

吉澤の友禅は数多くある十日町友禅の中でも技術力に優れ高い人気を誇っています。
着物雑誌でも取り上げられることが多く、高度な技術力と繊細で美しい作風が魅力的です。

矢萩春恵が監修した着物は丹後ちりめんの訪問着になります。

丹後ちりめんは京都の丹後地方で生産されている高級絹織物のことで、しっとりした肌触りは心地よいです。
淡く優しい色合いに襟や袖はぼかすように染めることで全体のバランスが整えられています。
唐花文や華分が優しい色彩で描かれ、模様には金箔や金彩での縁取り、金駒刺繍なども施されているので、より華やかで気品さや高級感を与える着物が多いです。

優美と華やかさを持ち合わせた着物なので、季節問わず格式のある場面でも着用できる着物ではないでしょうか。

吉澤の友禅の確かな品質と矢萩春恵の書を通じて培われたセンスがコラボした着物です。

丹後ちりめんの質感も良く、十日町友禅の着物も高品質なので矢萩春恵の着物はこれからも多くの愛好家に求められるでしょう。

矢萩春恵の着物を高値で売るコツ

矢萩春恵の着物を高値で売りたい場合、着物の状態が価格に影響します。

また、日頃から湿気や汚れに配慮して丁寧に保管してください。

着物買取でより良い査定を望む場合は、着物専門買取業者の利用がおすすめです。
着物に関して膨大な知識を持つプロの鑑定士が査定をするので、正しい価値を理解した上で納得のいく買取が実現するでしょう。