輪奈織の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

輪奈織の買取り相場はオークションではいくらなの?

タオル地のように柔らかく摩擦に強い輪奈織の着物を売る事を検討しているなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。
輪奈織をネットオークションで売るケースだと、平均11,000円程度で買取りされていることが確認できました。
中古品の最高値では、京都老舗銘店の輪奈織が207,000円で落札されており、反対に最安値になると唐草模様の輪奈織で1円という結果が出ています。
まさにピンからキリまでです。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

高く売ることを重要視するのであれば、着物買取店を利用した方が期待できると言えるでしょう。

参考:輪奈織の着物を買取りしてくれる店一覧

こういった店は無料で査定してくれるので相場観を知る為にも最適です。

輪奈織の特徴を徹底解説

室町・桃山時代、中国から渡来してきた輪奈織は、名物裂として茶人たちに親しまれてきた織物です。
3500本以上の鋼線を用いて経糸をループ状に織り上げ、立体感を持たせながら1本1本鋼線を抜き取っていく技法を採用しています。

さらに京友禅の手ざしの染めが施され、京都の「染・織」という2つの伝統技術を駆使した逸品です。
重圧感がありタオル地のような布面で輪奈状に出しているものと、ビロードや別珍、シール、コーデュロイなどのように輪奈を切り揃えたものがあります。
扱う素材も毛・綿・絹・化繊など様々ありますが、仕上がりはどれも手触りが良く摩擦に強く装飾的なのが特徴です。

また、保温効果がある織物であることから洋服や防寒コートなどにも重宝されています。

輪奈織はビロード織と見た目がよく似ていますが、製法に違いが見られます。
ビロード織は、上下二枚を一緒に織り一部の縦糸を上下に絡ませながら織り上げていく製法です。
最後は2つに切って毛羽立たせるのは輪奈織と同様になるので、仕上がりがとても似てくるようです。

輪奈織やビロード織は経糸で毛羽立たせるため、経毛組織と呼ばれています。
コール天や別珍は緯糸で毛羽立てるので緯毛組織となり、別珍は輪奈織のように鋼糸を使用せず繻子のように糸を浮かせて織り上げた後、切り裂いて毛羽立たせるといった違いがあります。

このように輪奈織と見た目が似ている織物が多く出まわっていることから、十数年前には偽物の輪奈織が高値で売られていたこともあったようです。

しかし、偽物は本物の輪奈織のように巻きが太くなく手触りも全く違います。
正絹の素材を使った輪奈織はふっくらと優しい肌心地で、立体感があり優雅な彩どりがなんとも印象的です。

織り上げられる模様の中には、菊や桐、笹、辻が花などの模様が施されたも着物があります。
さらに縁起物である七宝や亀甲など伝統的な古典柄を取り入れ、古来より愛され続けてきた模様も人気です。
女性の和姿を気品溢れる華やかな装いとして引き立ててくれる着物とも言えるでしょう。

輪奈織を高値で売るコツ

輪奈織は高度な技術製法によって生産される伝統的な着物です。
仕立てが替えが困難で織職人が少なくなってきていることから、希少な着物として重宝されてきました。
ですから輪奈織を高値で売るためには、できるだけ良い状態で買取りしてもらうことがポイントになってきます。
証紙や保証書があれば一緒に査定してもらうことで、さらに高値で売る事ができる可能性があります。

また、輪奈織の価値が分からないお店に売ると思わぬ安値になってしまいます。
買い手にはその価値が十分に分かる着物買取店を選ぶと良いでしょう。

参考:輪奈織の着物を買取りしてくれる店一覧

店は宅配買取りや訪問査定に対応しているので忙しい方にもおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ