牛首紬の中古はどれくらいで売れる?

牛首紬の着物の中古価格は、ネットオークションでは36,000円程度

着物を売る方法には中古買取業者がありますが、ネットの普及によりネットオークションで着物が売られているケースが増えています。

ネットオークションを通じて牛首紬を売る場合、その相場は約36,000円となっているようです。

しかし、これはあくまでもネットオークションでの相場であるため、正しい価値であるか判断することは難しいでしょう。
また、高く売ろうと思って出品額を高額に設定してしまうと、なかなか買い手が見つからないというケースも珍しくはありません。
なので、ネットオークションで牛首紬を売る場合、高額買取は難しいので適してはいないでしょう。

牛首紬の着物の特徴

牛首紬の生産地は石川県白山市にある白峰です。
白峰は牛首村と呼ばれ、その地名が紬の由来となっています。

牛首紬が織られ始めたきっかけは1159年に起こった平治の乱で敗れた源氏の大畠某が牛首村に流れ、その妻女が機織りの技術を村の女性に伝授したと言われています。

白峰は白山の麓にある山村なので冬場は豪雪地帯として有名で、耕地が少ないために農業形態は出作りでした。
出作りとは家とは別に山の奥で小屋をつくり、春はそこで家族全員が暮らして雑穀を育て、晩秋に収穫物を持ち帰るという方法です。

また、出作りで現金を確保するために村の人々は養蚕を行い、生糸を売買して稼いていました。
2匹の蚕が1つの繭をつくることを「玉繭」と呼び、牛首紬ではその玉繭で織られていることが特徴です。

牛首紬の生産では原料の玉繭選びから始まり、玉糸へ生成して織りあげていきます。
玉繭で作られた玉糸は太く筋があり、独特な光沢感があります。
糸の質が牛首紬の善し悪しを左右する部分といっても過言ではないでしょう。

さらに、牛首紬では2種類の染め形があるのです。

一つ目の染め形は「先染め」で、植物の染料で染め上げていました。
難しい技法ではないので、一般家庭でも主流の染め形だったそうです。

伝統的な染色法は「藍染め」と「くろゆり染め」になります。

藍染めは奈良平安時代に行われていた「正藍冷染」の技法と似ていると言われています。
くろゆり染めはくろゆりの花びらから色を抽出し、媒染剤でピンクや紫などの色に発色させた染料を使用する技法です。

一つの植物から緑系の色素に染める技法は残されておらず、青と黄色の染料を組み合わせて染め上げているそうです。
草木染めは堅牢度の悪さも指摘されているので、一部の染めでは退色予防として科学染料の使用が主流となっています。

もう一つの染め形である「後染め」は白生地に染色したもので、主に訪問着や小紋などで使われることが多いようです。
現在では後染めが主流ですが、牛首紬自体生産量が減っているのでどちらも高い価値があります。
後染めは着る範囲が幅広いため、芸能人や舞台女優などからも人気です。

文献によると江戸時代初期に登場した「毛吹草」に牛首紬の記述があり、江戸時代後期には日本の各地で販売されていたそうです。
そして、昭和10年ぐらいが生産ピークだと言われています。

1979年には県の無形文化財に指定され、1988年には経済産業大臣が指定する伝統的工芸品に認定されました。
牛首紬は織り手が少なくなっている現状ですが、素朴さのなかに優雅さがあるので根強い人気があります。

牛首紬の着物を高値で売るコツ

牛首紬は紬の中でも上位の後染めなので、着用範囲が広いことが利点です。
なので、着用できる機会が多い着物であるほど需要が高いので高額に期待できます。

価格的には先染めの方が上なので、先染めの牛首紬であればさらに高額となるでしょう。
また、牛首紬は伝統工芸品なので証紙が発行されます。
証紙は産地や品質をあらわすものなので、買取の際は一緒に査定すると買取価格も大きく変わってくるでしょう。

牛首紬の着物を売る際は正確な価値を知ることが大切です。
着物専門買取業者では正しい知識を持つ鑑定士が査定を行うので、通常の中古買取業者よりも高額買取を実現することができます。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ