上田紬の着物の中古価格は、ネットオークションでは18,000円程度

歴史ある上田紬の着物を買取してもらおうと考える際に、ネットオークションを利用する人も多いでしょう。
ネットオークションは様々な世代の人が楽しめるので人気がありますが、中古価格の相場を把握していないと安値で売ってしまう可能性があります。
上田紬の着物はネットオークションでは18,000円程度の価格で販売されています。
状態の良い着物であると40,000円を超えるものも存在しますが、10,000円以下の着物も多いです。
相場は目安にすぎないので、あくまで参考程度にとどめましょう。

また、高値で売りたいと考えているのであれば、ネットオークションだけではなく別の方法も視野に入れる事をおすすめいたします。

上田紬の着物の特徴

結城紬や大島紬と並ぶ三大紬として有名な上田紬は信州紬とも呼ばれ長野県上田市が産地となっています。
300年ほどの歴史のある着物で多くの人に親しまれており、手触りが良く、着ているうちに体に馴染むような質感が人気です。
また、丈夫な着物であることも着物好きの人々には有名となっています。

着やすいと評判の上田紬は絹を使っているので、透湿性に優れており、夏は涼しく冬は温かさがあるので1年中着心地の良い着物となっています。
柄や色は規制がないので、職人によって様々なデザインの着物を制作します。

若者にも取り入れやすい個性のあるデザインから幅広い世代の人に人気の上田紬は、伝統的な柄でもある縞と格子を取り入れた落ち着きのある着物まで様々な種類があるので、どの世代の人にも取り入れやすいことが魅力で家族で楽しめる着物です。

色味はシンプルなものから鮮やかなものまで様々ですが、その理由としては原材料が上田市周辺に豊富に自生していることが挙げられます。

上田紬は草木染めによって染められていますが、山繭を使用した光沢のある萌黄色の糸や、長野県の特産品として有名なリンゴの樹皮を使用して染められた着物もあります。

リンゴ染めは、上田紬を制作する工房のひとつ「小岩井紬工房」にて始められました。

最初は工房の三代目・小岩井良馬氏が工房の裏山にある畑の梅や杏、リンゴなど様々な草木を使って染めものをしていましたが、草木でも季節や収穫された場所によって、染め上げられる色味が変わることがわかり、上田紬にしか出せない表現ができるよう、長野県の特産品でもあるリンゴに特化した染めに挑戦することとなったのです。

リンゴの樹皮を削り、乾燥したものをに出して染め上げていますが、リンゴにも様々な種類があります。
紅玉やふじのほか、長野県のオリジナルブランドでもあるシナノゴールドやシナノスイートなど同じリンゴでも色味の違った着物を楽しむことができるのです。

また、上田紬は分業体制で着物を制作しておらず、糸の染色からデザイン、織りまでの工程を工房にいる職人が手掛けている場合が多いです。

そのため、完成するまでに非常に手間暇の掛かる着物となっていることも特徴の一つと言えるでしょう。

上田紬の着物を高値で売るコツ

産地の特色に合った着物の上田紬は、デザインが豊富で着やすいため多くの人に人気があります。
そのため、気に入ったものであると高値でも購入したいと考える人も多いのです。

ネットオークションでは安値で購入したいと考える人も多いので高値での販売は難しいでしょう。
上田紬を売ろうと考えているのであれば、適正価格で査定をしてくれる着物専門買取業者に依頼することが望ましいと言えます。
着物に関する知識のある専門の業者がしっかりと査定をしてくれるので安心です。