紬の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

紬の買取り相場はオークションではいくらなの?

訪問着として使っていた紬をタンスの中に眠らせているという方は意外と多いのではないでしょうか。
深い味わいを持つ着物として好まれているため、高値での買取りを期待する方も多いでしょう。

紬を売るのなら、まずは買取り相場のチェックからスタートです。
ネットオークションで売る際の相場を見てみると平均5千円程度である事が分かります。
中古の最高値は奄美産の白大島紬88万円で売る事ができています。
最も、最安値は1円からあります。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

紬を高値で売るのなら専門知識豊富な鑑定士のいる着物買取店に見てもらうのがおすすめです。

参考:紬の着物を買取りしてくれる店一覧

紬の特徴を徹底解説

紬とは、蚕の繭から糸を引き出し、ひねりをかけて丈夫な糸で仕上げた絹織物のことです。
紬は、織物の中で最も渋みがあり味わいのある織物と言われ、普段着として用いられていることが多かったようです。

また、世界一きめ細かい織物とも言われており、最近ではおしゃれ着として着こなす女性も見かけます。

紬の種類は大きく分けると、結城紬大島紬塩沢紬の3種類です。

・結城紬

結城紬は絹織物の一級品と言われ、茨城県結城市を中心に生産されている紬です。
糸質精緻や染色堅牢をうたわれて丈夫な上、着る度にツヤが出て体に馴染むとされていたため、外出着だけでなく、寝間着にも用いられています。

結城紬には独特な渋みがあり、日本文化ならではの感覚が顕著に見られるのも一つの特徴です。
藍紺の結城には白地に墨絵が描かれたヒゲ紬の帯や、泥染のオシャレ足袋、ツヤ消しのスワトウなどの帯なども合わせられます。

・大島紬

大島紬の最大の魅力は何といっても高級感です。
鹿児島県鹿児島市と奄美大島で生産され、藍大島・藍泥大島・色大島・白大島・泥大島などの非常にたくさんの種類があります。

参考:藍大島買取り

奄美大島の島民は大島紬の着用が禁止されており、主に薩摩藩の上納品とされていました。
深黒の泥染めは光沢と気品が漂い、日本女性の顔の血色を綺麗に際立たせてくれます。
帯は、ちりめんや塩瀬の染めの帯、または名古屋帯を用いてお洒落に袋帯を結ぶのが特徴です。

・塩沢紬

塩沢紬は、新潟県塩沢市で生産されている紬です。
単衣といえば塩沢と言われているように、初夏や初秋までの数ヵ月間はシャリっと着こなす着物として手放せない肌ざわりとなっています。

紫陽花や菖蒲の花が咲き乱れる頃は、藍色の塩沢紬に薄地で羅の名古屋帯を、山ユリが咲く頃は白地の絣に博多帯を合わせるといった粋な着方もあります。

結城紬や大島紬は見た目もオーソドックスになりがちですが、塩沢紬は着物にうるさい人からも絶妙な地風があると言われる希少な織物とも言われています。

以上3種類の紬は、結印の商標がついているものもあります。
紬が普段着に用いられる事は減りましたが、こういった渋さや高級感のある織物をオシャレに着こなす方が増えてきました。

紬を高値で売るコツ

紬を高額買取りしてもらいたい場合は、まず最初にしわや汚れがないかを確かめてください。
また、商標がついているものは、中古でも高く買い取ってもえる可能性が高くなります。

紬に合わせた足袋や帯なども一緒に買取り査定に出せば、さらに高値で売ることができる可能性があります。
着物買い取り店なら、小物も一括で買取り査定してもらえるので重宝します。

参考:紬の着物を買取りしてくれる店一覧

こういった業者は、訪問査定や宅配買取りにも応じてくれるので手軽に利用できます。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ