付け下げの買取り相場はオークションではいくらなの?

付け下げの着物を売るのなら、まずはその買取り相場を知っておく事が重要です。
ネットオークションで売る際の相場を調べてみると、平均7,200円程度で買取りされています。
中古の最高値は松坂屋の単衣の付け下げで16万円で売る事ができています。
ただし最安値は、ポリエステル製のものが1円なので、価格の幅が非常に広いと言えます。

もちろんこの値段は目安に過ぎません。
付け下げを高値で売るのなら、着物買取り専門店の無料鑑定に出してみるのが一番です。

参考:付け下げの着物を買取りしてくれる専門店一覧

専門知識豊富な鑑定士がその真価をていねいに見てくれます。

付け下げの特徴を徹底解説

付け下げは未婚、既婚を問わず着られ、訪問着よりも歴史が浅い略式の着物です。
訪問着は着物の形に仕立てた後で模様を描いていきますが、付け下げは反物の状態で模様が描かれていきます。
そのため、着物を仕立てた際に模様が上を向くように作られているのです。

訪問着よりもデザインがシンプルなことが特徴で、縫い目に柄が被らないように描かれ身頃から袖、胸と衿の模様が繋がらないなどの特徴も持っています。
パーティーや食事会、お茶会や入学式、結婚披露宴などのイベント時など様々なシチュエーションで利用できる着物となっています。

また、付け下げに合わせる帯としては、袋帯が基本となるでしょう。
結婚式やパーティーなどでは重厚感のある袋帯を選ぶことで華やかさをハスことが可能です。

また、名古屋帯に関しても組み合わせることは可能です。
お茶会の席では織りの名古屋帯を選択すると控え目な印象を与えるでしょう。
小物に関してはシンプルな着物となるので小物もシンプルなものを合わせるとバランスよくまとまり、帯揚げや帯締めに関しても金糸や銀糸の入っていないものを選ぶことが一般的となっています。

付け下げが生まれた歴史としては、華やかな着物である訪問着が禁止されていた第二次世界大戦下です。
訪問着の代用として訪問着よりも若干地味なデザインの付け下げが考案され流行していったのです。

現在では、裾全体の模様が繋がっている付け下げ訪問着や柄が上向きになるように模様付けされた付け下げ小紋なども多くあるので、様々なシーンで活用できるようになりました。

付け下げの場合、有名作家や有名産地の付け下げであれば高価買取りが期待できます。
ただし、保管状態が悪い場合には査定額が下がる可能性もあるので、付け下げを保管する際には保管方法に気を付けるようにしましょう。

また、作家名などが記載されている証紙は無くさずに保管し、売る際には一緒に査定に出すのがおすすめです。

付け下げを高値で売るコツ

付け下げを少しでも高値で売るのなら、着物に関する深い知識を持った人に査定をしてもらう事が重要です。
ネットオークションやリサイクルショップで売る場合は、相手に着物に対する専門知識があるのか確認しましょう。
着物買取り専門店なら着物に詳しい鑑定士が丁寧に見てくれるのでおすすめです。

参考:付け下げの着物を買取りしてくれる専門店一覧

こういった専門店は訪問査定や宅配査定にも対応しているため非常に重宝します。