辻が花の中古価格は、ネットオークションでは十数万円程度

インターネットオークションのヤフオク!での辻が花の落札相場は、十数万円程度が相場となっています。ですが、これはあくまで目安で、保存状態や買い取り先によっては、さらに高い値段で買い取ってもらうことも可能です。
ただ、価値を知らない方が多いインターネットオークション等に出してしまうのはもったいないと考えられます。しかるべき手順を踏んで、正規のちゃんとした業者に高値で買い取ってもらいましょう。

辻が花とはどんな着物?

辻が花は、桃山時代から江戸時代初期にかけて、複雑な絞りなどの高度な技法を使って染め分けし、高品質な技術でもって生産された、豪華絢爛の桃山文化を彩る着物です。
16世紀半ばには、染織工芸は、海外の特に中国からの影響を受けて、大きく発展しました。その時代に、華やかな刺繍や金箔をほどこした装飾方法が生まれました。こうして、辻が花という染め物が誕生したのです。

模様の一部として、藤の花があしらわれていることが多く、華やかでおめでたい席に着ていくことが多い着物です。藤の花には子孫繁栄の意味が込められており、縁起をかついでいます。春の花なのですが、春先だけでなく、通年にかけて着ても構いません。
帯にもみじの柄などを合わせることによって、秋など、季節に関係なく、辻が花を楽しむことができます。

辻が花は有名な着物で、成人式の振り袖や訪問着としても使われています。帯は四季おりおりの花や蝶を織りだした袋帯があうでしょう。辻が花は華やかな着物ですが、落ち着いた色合いのほうが、人気が高く、高額で買い取ってもらうことができる傾向があるようです。

辻が花を高く売るコツ

辻が花は、豪華絢爛でとても華やかなため、とても人気が高いのです。インターネットオークションでも高値で売ることができますが、やはりより高い査定を出してもらうのであれば、着物などの専門買取業者に依頼するのがベストです。

たしかな目を持った専門の鑑定人が、あなたの辻が花を高額査定してくれます。辻が花は、生地に絞りのあとがあります。ないものは辻が花調と呼ばれる、本物ではないお品です。
華やかでインパクトのある色柄ものの着物なのですが、万人受けするデザイン・お色のほうが、買取額が高くなる傾向も、あるようです。

高値で売るには、専門の買い取り業者がベストです

辻が花を高値で売るには、専門の買い取り業者に依頼するのがベストです。もともとの古い辻が花は非常に希少価値が高く、インターネットオークション等でも高値で取引されます。ですが、インターネットオークションでは絞りのない辻が花調の着物と区別がつかないので、安く買い叩かれてしまうリスクがあります。
それを防いで、価値の分かる人に適切に引き継いでいくには、買取査定専門店に任せるのが一番です。
買取査定業者は、買い取ってその後、催事に出すなどして利益を出すので、ある程度高い金額でも買い取ることができるのです。ネットオークションより買い取り専門の業者のほうが、より市場に近い金額となります。