豊田紬の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

豊田紬の買取り相場はオークションではいくらなの?

着用しなくなった豊田紬を売る事を検討しているなら、まずは買取り相場をチェックしておきましょう。
ネットオークションで売るケースだと、中古の最高値は未着用の単衣が14,100円で買取りされています。
中古の最安値は1,200円ですが、そもそもの絶対数が少ないため、これらの数字は目安に過ぎません。

豊田紬を高値で売るのなら、着物への知識をしっかりと持っている着物買取専門に鑑定してもらうのが安心です。

参考:豊田紬を買取りしてくれる店一覧

店は無料で査定してくれるので、買取り額に満足なら売る事を考えてみましょう。

豊田紬の特徴を徹底解説

豊田紬は茨城県石下町周辺で生産されている紬織物です。
石下町は茨城県の西南部にあった結城郡にあった町、現在は常総市(旧水海道市)に編入されています。

茨城県の伝統工芸品と言えば紬織物では高級品となる結城紬がありますが、豊田紬はそれに似せて考案された実用重視の夏用着尺地です。

参考:結城紬を売る

東京の織物工房「秋場」が1891年(明治24年)に考案し、大正から昭和にかけて盛んに生産されていました。

豊田紬が考案された当時、結城紬は全盛期を迎えていました。
夏でも着用できる結城紬ですが庶民では手の届かない高級品であったため、秋場は結城紬に似せた生地風の夏物の研究開発に着手したのです。
石下町周辺は古くから養蚕と綿の栽培が盛んで、石下町で栽培された綿の織物は石下木綿という名で全国的に流通していました。

秋場は庶民でも結城紬のような風合いの実用性のある着物を着用できるように、絹と綿の交織の紬織物を考案します。
豊田紬の名は石下町が豊田地方と呼ばれていたので、その地名が由来のようです。

豊田紬は経糸に玉繭から製糸された絹玉糸、経糸に木綿の強撚糸を交互に織り、また手揉みや縮み寄せといった手作業による技法を用いて作られており、シボ感のある爽やかさが魅力的です。
絹綿交織なのでシャリ感やさらさらした風合いのある着物に仕上がっています。
綿糸が入っているので結城紬よりも素朴でカジュアルな印象ですが、上品さもあるので一般的な木綿よりもよそ行きにも適しています。

フォーマルな場所には向きませんが、ちょっとしたお出かけやカジュアルなパーティー、普段着などに向いているでしょう。

着心地の良さから実用品として生産されていた豊田紬ですが、1990年代から生産は少なくなりました。

現在は考案元の「秋場」のみが自社工場で生産しており、年間で数十反のみの生産となるのでかなり貴重な紬です。

実際に豊田紬を着用したことがある人の多くは生地の柔らかさや軽さ、着やすさ、透明感のある色合いなどを評価しており、まだまだ人気の紬と言えるでしょう。

豊田紬を高値で売るコツ

豊田紬には生産元を証明する証紙がついています。
売る際に証紙の有無は査定額に影響するので、一緒に査定してもらいましょう。

また、着物の状態は新品に近いほど高値が付きやすいので、湿気や汚れ、シワに気をつけて正しく保管することが大事です。
買い手には、着物への深い知識を持った着物買取店を選ぶのがおすすめです。

参考:豊田紬を買取りしてくれる店一覧

専門のお店は宅配での買取りや訪問査定に対応しているので非常に重宝します。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ