十日町友禅の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

十日町友禅の買取り相場はオークションではいくらなの?

本格派友禅で知られている「十日町友禅」を売る事を検討しているのなら、まずはその買取り相場を知っておきましょう。
ネットオークションで売るケースだと、平均23,000円程度で買取りされています。
中古の最高値は滝泰の十日町友禅で83,000円で売る事ができています。
最安値は520円からありますから価格幅が非常に広いのが特色と言えます。

もちろんこの値段は目安に過ぎませんのでご留意ください。

十日町友禅を高く売るのなら着物の特性や素材を熟知している鑑定士がいる「着物買取店」に依頼することがおすすめです。

参考:十日町友禅を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は無料で鑑定するので、買取り価格が満足いくものなら売る事を考えてみましょう。

十日町友禅の特徴を徹底解説

新潟県十日町地方では、十日町明石縮や紬などの織物の産地として有名ですが、見事な手描き染めの十日町友禅も作られています。
織物工業共同組合・青年部を中心に積極的な商品開発が始まり、昭和30年代に京都の友禅染の技術を導入して、昭和39年に「十日町友禅」が染められるようになりました。

京友禅が源流となっていますが、京友禅加賀友禅・江戸友禅の3大友禅に対し自由で豊かな発想をもたらす現代風の風合いが特徴です。

十日町友禅は、振袖や留袖、訪問着、付下げなども染めており、構図・模様・配色によって生地が選ばれます。

十日町はもともと織物の歴史が深い地域で、1500年前の遺跡に機織りに使われていた道具が出土されたことが有名です。
中世時代には、越後の麻織物は高品質な高級品として扱われ、皇族や貴族が着ていたとも言われています。
室町幕府や江戸幕府では越後縮を武士の正装に定めたくらいで、かなり有名な逸品だったと言えるでしょう。

参考:越後縮買取り

このように十日町の着物の歴史は、奈良時代の麻の織物から始まりましたが、豪雪地である十日町は冬の間、家の中で糸を紡いて織物を織る生活が続けられてきました。
たくさん雪が降るため湿度が非常に高く、糸が裂けにくく切れにくいといった織物を作る環境としては最適な地域でもあります。

時代の流れと共に、十日町は麻から絹へと織物が変わり本格的に染物の産地として広まりました。

十日町友禅の制作過程を大まかな工程に分けると、「企画・設計」「型付け」「引き染め」「手描き友禅」「絞り」の順番で作られます。

十日町に工房を構える「桐屋」では、実際の生産工程を見ることができる工場見学や手描き友禅体験を行うことができます。
「幻の染」と呼ばれる辻が花染めを生で見たいという方は、平日9:00~15:00までの営業時間内に訪ねてみてください。
館内に飾ってある着物を見たり、羽織ることもできるので着物に興味のある方は、素敵な時間を過ごすことができると思います。

十日町友禅を高値で売るコツ

和装品の総合生産地で作られた十日町友禅を、高値で売るのなら、着物買取店が一番です。
こういった店では、着物の知識を持った鑑定士によって真価を見てもらいます。
無料で査定してくれるので大変便利なサービスです。

参考:十日町友禅を買取りしてくれる店一覧

高級素材や有名作家による着物だった場合は、高額買取りが期待できるはずです。
もしも、大量の着物や小物を一緒に一緒に査定に出すことができれば、さらに高値で買取りしてもらえる可能性があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ