十日町絣の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

十日町絣の買取り相場はオークションではいくらなの?

外出着やオシャレ着として多くの人に愛されている十日町絣。
売る事を検考えているのなら、まずはその買取り相場のチェックからスタートです。

ネットオークションを使って売る場合、平均33,000円程度です。
十日町絣の中古の最高値は47,850円で売る事ができてます。
逆に最安値は反物が570円から出ています。
もちろんこの値段は目安に過ぎませんので参考に留めておいてください。

十日町絣を高値で売るには、その価値が分かる鑑定士のいる着物買取店に見てもらうのがおすすめです。

参考:十日町絣の着物を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は無料で査定してくれるので、大変人気になっています。

十日町絣の特徴を徹底解説

新潟県にある十日町は豪雪地帯として有名な地域ですが、実は毎年「十日町きものまつり」を開催するなど、着物の有名な産地としても有名になってきているのです。

十日町絣は十日町だけではなく中南魚沼群津南町周辺で作られている着物です。
新潟県の中でも豪雪地帯ならではの湿度が高く強い風が吹かない気候は原料となる苧麻がよく育つので着物づくりが盛んになったと言われています。

そんな十日町絣は、繭から絹糸を作り着物を作っていきます。

十日町絣を作る工程は、

  1. 絣図案制作
  2. 手延べ
  3. 墨付け
  4. 目色摺込み
  5. 蒸し
  6. くびり
  7. 染色
  8. 糊付け
  9. 絣巻
  10. 機織り
  11. 検査
  12. 仕上げ

これらを全て手作業で丁寧に行っていきます。

経絣と緯絣によって絣模様を表現し絹の光沢によって落ちついたデザインの十日町絣が出来上がります。

伝統的な魅力のある十日町絣ですが、その落ちついたデザインから年配の人に愛される着物となっています。

現代では若い女性にも取り入れやすいような色合いにするなど、様々な工夫がされています。
また、シンプルなデザインを利用して帯や帯締め、草履やバッグなどの小物をアレンジすることで独自のコーディネートで着物を楽しむことができるとあり、幅広い年代の方に愛される着物です。

訪問着や外出着として着用できるので、普段使いにも最適な着物として人気でもあります。

そんな十日町絣の歴史は以下のとおりです。
飛鳥・天平時代には十日町ならではの気候によって苧麻の生産が盛んに行われ、麻布の生産も盛んに行われていました。
「雪ざらし」と呼ばれる雪の上に布を広げて上質な布を作る技法が取り入れられたことで、その後絹織物が発展したと言われています。

幕末以降には様々な地域で絹織物産地が生まれ、原料が麻から絹に代わっていったことで十日町絣が作り出されたと考えられています。
その後全国に知れ渡る着物となり、1982年には経済産業省指定伝統工芸品に指定されることとなったのです。

有名産地ではあるので高価で売る事も期待できますが、証紙があることが重要になるでしょう。

十日町絣を高値で売るコツ

十日町絣であっても、状態が悪いと平均よりも低い価格で買取りになる可能性が高いです。
シミやシワが多かったり穴があいているなどの不具合がないか売る前にちゃんと確かめ、汚れが落とせるのであれば綺麗にしてから買取りを依頼すると良いでしょう。

また、買い手が十日町絣の価値を知らないとと買い叩かれてしまいます。
買取りをお願いするのは、着物買取店がベストです。

参考:十日町絣の着物を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は出張買取りや宅配査定を行っているので、手軽に利用できる点も魅力です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ