天蚕紬の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

天蚕紬の買取り相場はオークションではいくらなの?

長野県有明付近で主に生産されている天蚕紬は、以前から養蚕業が盛んな地域であった信州から生まれたもので、天蚕が作った繭から採った糸を使って織った布のことを言います。

その天蚕紬を売るのなら、まずは相場を知る事が大切です。
ネットオークションで売るケースだと、平均14,000円程度で買取りされています。
中古の天蚕紬の最高値は定価150万円のものを124,000円で売る事ができています。
最安値は930円からあり、価格の幅が非常に広いです。
もちろんこれらの値段は目安です。

天蚕紬を高く売るののならその価値が十分に分かる鑑定士のいる着物買取店にお願いするのが一番です。

参考:天蚕紬を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は無料で鑑定してくれるので鑑定額に満足なら売ることを考えてみましょう。

天蚕紬の特徴を徹底解説

天蚕紬とは、長野県松本市穂高町有明周辺で盛んに生産されていたため、有明紬とも呼ばれている絹織物です。
この地方では、200年以上も前から野生の蚕から繭を作り出す技法を取り入れてきました。

参考:長野の着物買取

野生の蚕はクヌギやナラの葉を食用として育っていて、美しい緑色になるのが特徴的です。

約600~700m程の長さの糸を作った天蚕は、その一生を終えてしまうのですが、この天蚕は自然界でここまで育っていくためには、大変な苦労があるだけでなく、生育も不安定な状態になることも多く、そのために多くの経験を活かした当時の人達は、天蚕の卵を採って飼育するようになっていきました。
これを家蚕と呼び、この様式を使うことで1つの繭から倍以上の1,400mもの長さの糸が作れるようになりました。

この信州で天蚕紬が最も盛んであったのは明治時代で、明治初期から中期にかけて農家の約半分が天蚕飼育農家を営んでおり、年間に約800万粒の繭を生産できていたのですが、蚕がもともと病気にもなりやすく害虫の被害や噴火灰などで衰退してきたところに、戦後に蚕の食用であったクヌギが激減してしまったことが重なり、天蚕飼育農家の衰退に繋がっていきました。

しかしながら、天蚕繭独特の美しい光沢やシワになりにくい性質などから、一部の天蚕飼育農家によって今も伝統が守られています。

天蚕によって紡がれる天蚕糸は、希少価値があることから「繊維のダイヤモンド」や「繊維の女王」という名前で呼ばれることもあります。
生地に光沢があり、その光沢によって光さえも反射してしまうくらいの絶妙な光加減や、薄く緑色に輝く天蚕糸にふんわり柔らかい風合いがあることからこのような名前で呼ばれています。

経糸には絹糸、緯糸は天蚕と家蚕の繭、真綿を合わせて紡いだ糸が使用され、一般的な蚕が紡いだ糸に比べると、その伸びがあるだけでなく、ふんわりとしているため、織るだけでも熟練の技術が必要となります。
そのため肌触りが非常に良いだけでなく、軽さや温かささえも感じる生地が、この天蚕紬の最大に特徴になっています。

この生地に、信州の天然の植物染料を使用することで、100%信州の自然によって生まれた織物となります。

天蚕紬を高値で売るコツ

天蚕紬を少しでも高値で売るには、買い手選びも重要です。
いかに天蚕紬が価値のあるものかを知っている査定員がいるところで売るのがおすすめです。

その点、着物買取店なら深い知識を持った鑑定士がいるので安心です。

参考:天蚕紬を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は訪問買取りや宅配による査定に応じてくれるので非常に重宝します。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ