丹後ちりめんの買取り相場はオークションではいくらなの?

日本遺産にも認定された丹後ちりめんを売るのなら、まずは買取り相場からチェックしましょう。

ネットオークションで丹後ちりめんを売る場合、その相場は平均5,000円程度です。
中古の最高値は小紋の丹後ちりめんで110,999円で売る事ができています。
最安値は1円ですので、値段の幅が非常に広いのが特徴です。
もちろんこの数字は目安に過ぎません。

丹後ちりめんを高く売るのなら、その真価が分かる鑑定士のいる着物買取り専門店に見てもらうのがおすすめです。

参考:丹後ちりめんの着物を買取りしてくれる専門店一覧

こういった専門店は無料で査定してくれるのでその手軽さも魅力の一つです。

丹後ちりめんの特徴を徹底解説

江戸時代に京都の西陣で絹屋佐平治さん達が織物技法を習得して、それを丹後に持ち帰ってきたことが、現在の丹後ちりめんの基礎になっているといわれています。

丹後ちりめんの特徴は、経糸に撚りのない生糸、緯糸は生糸を1mあたり約3,000回にもわたり前後に強く撚りをかけたものを交互に織り込んでいき、生地に仕立てていく事です。

生地にある汚れを洗い流す作業となる精錬をすることで、糸が収縮していきます。
これによって緯糸の撚りが戻っていき、生地には全体的に細かなシボという凸凹の状態が出てきます。

このシボが丹後ちりめんの大きな特徴です。
シボによって生地に独特なしなやかさや風合いが生まれ、シワができにくくなるだけでなく、凸凹部分に光の乱反射が当たることで、染め色の色合いを豊かにしてくれます。

ちりめんとなると絹織物だけに思われがちですが、丹後地方では独自の技法を活かしてレーヨンやポリエルテルなどの繊維で作られたちりめんもあります。

また、同じちりめんでも歴史ある織り方の「一越ちりめん」や、縮みが少なく工夫された「変り無地ちりめん」、ちりめん生地に金や銀、ラメなどの糸や装飾糸を使用した豪華な「縫取ちりめん」、生地面の光沢を美しく華麗に仕上げた「五枚朱子ちりめん」、ちりめん糸に金の糸を織り込み、様々な色に染めやすい「金通しちりめん」、生糸だけで作られた通気性に優れたシースルー地の「絽・紗ちりめん」など、同じちりめんにも多くの種類があります。

丹後ちりめんを高値で売るコツ

価値ある丹後ちりめんを少しでも高値で売るには、品物の状態だけでなく、買取りを依頼する所も重要です。
リサイクルショップやネットオークションは確かに手軽ですが、専門知識を持った査定員がいない場合もあるので注意が必要です。

丹後ちりめんを高く売るのなら、豊富な知識のある査定員がいる着物専門買取り店に鑑定してもらいましょう。

参考:丹後ちりめんの着物を買取りしてくれる専門店一覧

査定自体は無料なので、提示額に満足ならすぐに売るという選択肢もありです。