丹波布の中古はどれくらいで売れる?

丹波布の中古価格は、ネットオークションでは2万~3万円程度

丹波布をネットオークションでどのくらいの価格で売られているのかを調べてみると、平均で2万~3万円程度で販売されているという結果が出ました。

これはあくまでも目安の価格相場となっているので、希少価値によっては10万円以上の価格設定となる可能性もあります。

ネットオークションでは、高い価格設定にしてしまうと売れ残ってしまうという問題もあるので、中古品に関してはそれ以上に高値で売ることは難しいと言えるでしょう。

丹波布とはどんな着物?

丹波布とは、兵庫県氷上郡青垣町佐治で誕生した兵庫県の地域ブランドとして有名な織物です。
大正末から明治初期に農家の人々によって盛んに織られ愛用されてきました。

丹波佐治の地によって織られていたことから最初は「佐治木綿」と呼ばれていましたが、民芸家によって新たに「丹波布」と名づけられました。
一時は産業革命の時代背景と共に衰退してしまいましたが、昭和初期に再び復興を遂げ、地元保存会が発足され現在に至っています。

丹波布は、手紡綿糸を使用し筋糸に綿糸をいれて織っていくのが特徴の綿稿織物です。
これを「つまみ糸」といい、丹波布を織るときの最大の魅力となっています。

つまみ糸は、染めずに織りこまれていくので、白い糸がシンボルとしてそのまま残ります。
布によっては、つまみ糸を入れないものもありますが木綿の中に違う素材が入る質感でだいぶ印象が変わってくるものです。

そして「染め」は、すべて植物染料で色付けし藍色や茶系の色を基本色に、藍・茶・黄・緑・ねずみを組み合わた縁で縞や格子の模様を織り上げていきます。
主に野山で手に入る栗の皮・ヤマモモ・ハンノキ、田畑に生えているコブナグサ・キクイモ・こぶな草・びわの皮の樹皮が染料です。
糸の独特な形状と色調が組み合わさることでやさしい風合いになります。

丹波布の製造方法は、現在でもすべて手作業での製作が受け継がれている伝統工芸です。
畑から採取した実綿は「綿繰り」といって綿と種に分けていく作業を行います。

木でできた2本のローラーを逆回転させる専用の綿繰り機で、綿打ちをして「じんき」を作っていきます
次に、決まった太さに捻って強度のあるじんきを作っていく「紡ぎ」の作業です。
糸車を使用して約15cmの棒状のじんきを作った後、植物染料による「染め」の工程に入っていきます。
程よい色味や濃度を確かめながら、丁寧に染めあげていきます。

使う色は、茶色や緑色、黄色、藍色などどれも丹波の自然の中にある植物を使って染色していくのがポイントです。
染めの作業を終えたら左右16本ある杭に交互に糸をかけていき、経糸を指でひっかけながら整経台を何度も往復させていきます。
細かな整経の作業の後は、束状になったままの着尺幅をちゃんと模様になるよう端から巻いていきます。

この「ちきり巻き」の作業は、一定の間隔を保ちながら均一の強さで張っていくことが重要です。
巻き終えたら機械に乗せて、綜絖通し・筬通しを行い織り作業に入っていきます。

最後に、踏木を踏みながら経糸を上下に二分させ、シャトルを投げ入れます。
その緯糸を緻密に筬で打ち寄せていく三動作を繰り返せば完成です。

丹波布を高値で売るコツ

丹波布を高値で売るためには、できるだけ良い状態のまま保管しておくことが大切です。
購入時の箱や証紙とセットで売るとより高い査定が期待できるでしょう。
多少の傷や汚れであっても、査定金額が下がってしまう可能性があるので気をつけてください。

丹波布は、つむぎ糸や合わせる糸の色で質感がかなり変わってきます。
そのため高値で売るには、ネットオークションよりも着物の買取査定で正しい査定額を出してもらった方がよいでしょう。
相場よりも高値の査定額の場合は、そのまま買取業者に買い取ってもらうことも可能です。

インターネットから着物専門買取業者を調べて、丹波布を高値で買い取ってもらってはいかがでしょうか。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ