田村哲彦の着物の中古価格は、ネットオークションでは28,000円程度

加賀草木友禅染めを中心とした着物制作を行っている田村哲彦の着物は、どの作品も素晴らしく高値で売れる可能性が高いものばかりです。

ただ、ネットオークションの中古価格の相場を見てみると、28,000円程度となっていました。

あくまでも目安であり、ピンからキリまで出品額は変わっていましたが、中には数千円で取引されているものがあったり、未使用品にも関わらず10,000円程度で出品されているものもありました。

ネットオークションでは田村哲彦の着物を適正価格で売るのは難しいかも知れません。

田村哲彦の着物の特徴

田村哲彦は、新潟県出身の着物作家で、十日町市と金沢に工房を構えています。

染色を学ぶ専門学校を卒業後、すぐに加賀友禅の修行に入り、加賀友禅の基礎を学んでいきます。

その後、独立してからは加賀友禅の着物制作に打ち込んでいました。

加賀友禅というと、加賀五彩と呼ばれる黄土、臙脂、草、古代紫、藍の5色を基本とした染色の特徴が見られたり、筒から出した糊を使って模様を描いていく糸目糊なども特徴の一つとなっています。

京友禅と比べるとどこか落ち着いた印象を受ける着物が多いです。

そんな加賀友禅を制作し続けてきた田村哲彦でしたが、加賀友禅の植物や自然を描いた模様に合うよう、野山に生えている草木や樹皮、花などから色素を抽出した草木染料を使って染色された「加賀草木友禅」を作り上げました。

その後、加賀草木友禅が脚光を浴び、平成元年にはきもの総合求評審査会にて最高賞である通商産業大臣賞を受賞したのです。

その後も数々の加賀草木友禅を作り続け、個展開催や作品集の出版、審査会にて受賞するなど、着物作家としてのキャリアを積み上げ、現在に至ります。

加賀草木友禅の特徴として、加賀友禅の技法を用いながら自然の色そのものを取り入れる草木染めの技法を組み合わせたものになるので、基本的な加賀友禅に比べて柔らかな印象を生み出すことができるようになりました。

また、草木染めにすることで考えていたような発色が難しく、なかなか思うように染め作業ができない可能性もあり、高い技術力がないと難しい染め方となっています。

近年、若者を中心にモダンな色合いや大人の印象を深めるようなハッキリとした色味の強い着物が多く取り上げられています。

しかし、田村哲彦の着物は草木染めによって素朴さや女性らしい温もりが感じられるような、上品さが兼ね備わっています。

田村哲彦の作品の中には華やかな色合いの作品もありますが、やはり女性らしさが表現されている加賀草木友禅が代表的な作品と言えるでしょう。
若い年代から歳を重ねてきた方も、全ての人で女性らしさを向上できる着物になっているので、シンプルな作品を着てみたいという方にはオススメの着物です。

田村哲彦の着物を高値で売るコツ

田村哲彦の着物は高値で売るコツとして、保管方法を間違えないようにする必要があります。
田村哲彦の作品の多くは、正絹となっているので湿気対策が重要となります。
1年に3回程度は陰干しを行うようにして、湿気対策を行っておきましょう。

田村哲彦の着物を高値で売るコツは保管方法だけではありません。

先程紹介したネットオークションでは高値で売れないことをご紹介しましたが、着物専門買取業者に依頼することで高値で売れる可能性が高くなります。
査定は経験や実績も豊富な査定士が行ってくれるので、田村哲彦の着物だと分かれば若干傷などが残っていても問題なく高値で売れるでしょう。

もし、田中哲彦の着物を売りたい時は、着物専門買取業者に依頼し、出張買取または宅配買取で相談してみましょう。