多摩結城の買取り相場はオークションではいくらなの?

ご自宅に眠る多摩結城を売る場合、買取り相場を知っておくことが大切です。

ネットオークションで多摩結城を売るケースを調べてみると、着物に仕立てられて販売されている中古品は少数でした。
最高値は仕立てる前の反物で15,150円で売ることができています。
逆に最安値は未使用の反物が1,000円です。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

多摩結城を高く売るのなら、その真価が分かる査定員のいる着物買取り店にみてもらうのがおすすめです。

参考:多摩結城を買取りしてくれるお店一覧

無料査定に応じてくれるので、買取り額に満足なら売ることを検討してみましょう。

多摩結城の特徴を徹底解説

多摩結城は東京都八王子市周辺で織られている多摩織の一つです。
八王子には蚕の餌となる桑の木に恵まれ、古くから生糸や絹が生産されていました。
絹織物は平安時代から織られており、室町時代後期に北条氏が領民の産業に勧めたことをきっかけに、産業の基盤が構築されました。
当時は滝山紬や横山紬など、様々な織物が生産されています。

そして、国の伝統工芸品と認定される際に、多摩結城も含めて八王子周辺の織物を多摩織と呼ぶようになりました。

八王子は大衆向けの着尺を生産しており、特に男性ものが中心でした。

しかし、大正12年に起きた関東大震災や洋服の普及が進んだことで不況となり、機業家は新しい分野での開拓を追われました。
そこで婦人用の着尺地の開発に着手し、絹セリ御召の生産を始めます。
それを改良して大正後期から昭和初期に登場した紋御召が多摩結城です。

紋御召とは、平織りの生地に浮き糸や繻子といった組織で文様を織り出した絹織物のことを指し、高級素材と親しまれ略礼装やお洒落着として好まれています。
茨城県の結城市周辺で織られる結城紬と同じ名前がついていますが、関係性は特にありません。

参考:結城紬を売る

当時は着物の生産が全盛期であったため、八王子に限らず他の地域でも結城という名が使われていました。
結城紬とは全く異なるものですが、大衆向けに生産されており、日常使いしやすい御召であったため非常に人気がありました。
縫取り御召に比べて色数が少ないので地味な印象を与えますが、そのシンプルさが魅力的で年代問わず着用しやすいでしょう。
例えば、細かい模様のものは一見すると無地に見えるので、帯を派手なものにすることでメリハリのついたお洒落なコーデを楽しめます。

八王子は大衆向けの産地であり、さらに流行を受けやすい土地であったため、多摩結城は多摩織の中でも一番長く織られています。

多摩結城は多摩織の技術の集大成とも呼ばれ、技術力を高く評価されています。
昭和55年に多摩織として国の伝統工芸品と指定され、伝統と技術は守られながら生産が続いています。

多摩結城を高値で売るコツ

着物買取りでは状態が査定額に反映されます。
シミやカビ、シワ、変色が目立つ多摩結城は価値が大きく下がってしまいます。
価値を下げないためにも、売るときまで保管方法に気を付けてください。

また、売る際は買い手選びも重要になります。
多摩結城の価値が分からない所に売ると思わぬ安値で買い叩かれてしまう可能性もあります。

その点、着物買取り店なら豊富な専門知識を持った査定員がいるので安心です。

参考:多摩結城を買取りしてくれるお店一覧

宅配買取りや訪問による査定も行っているので非常に便利です。