大羊居の着物の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

大羊居の買取り相場はオークションではいくらなの?

大羊居とは東京友禅のブランドであり、日本人が大切に培ってきた美意識を大切にして作られた着物です。
不要になった大羊居の着物を売るのなら、まずは買取り相場をチェックしておきましょう。

大羊居をネットオークションで売る場合、その買取り相場は11,000円程度です。
最高値は楓模様のものが381,000円で売る事ができています。
最安値は黒留袖で343円で買取りされています。
もちろんこれらの値段はあくまで目安に過ぎません。

大羊居の着物を高値で売るのなら、その真価を十分に理解できる着物買取店に査定してもらうのが一番です。

参考:大羊居の着物を買取りしてくれる店一覧

こういった店の査定は無料なので、提示額に満足なら売る事を検討してみましょう。

大羊居の特徴を徹底解説

大羊居とは、安永に初代の大黒屋幸吉が屋号「大幸」呉服太物業として創業し、明治8年に河村彦兵衛が四代大黒屋幸吉の養子となり、その年に「大幸」とは別に「大彦」を創業させ、明治21年に長男として野口功造が生まれます。
大正12年には、大震災によって日本橋にあった「大彦」が焼失してしまいますが、大正15年に本家である「大幸」にちなんだ「大羊居」を創業して、三軒茶屋に工房を持ちました。

昭和9年に記念芸術衣裳店を高島屋にて開催し、宮内庁御用達にもなりました。
その後も高島屋にて衣裳店を開催し、海外でもニューヨークやシカゴ、ハンブルグにおいて各地で着物の展覧を行いました。
そこから現在に至るまで、伝統技法である江戸刺繍の保持と発展のために、最高峰を維持しながら継承し、現在に至っています。

大羊居の着物は、全て手仕事で古典文様をベースにして作られたものが多く、色鮮やかで華やかさのある着物が特徴的です。
色によって筆や刷毛を使い分けるなど、最大の表現をするためにこれらの技法を活かしています。

古典文様は、それぞれの時代の文様を切り取ったかのように美しいものが多く、それを丁寧に糸目糊置きして、きちんと色挿しされたものもあります。

大羊居を高値で売るコツ

個性的なデザインでありながら、その1つ1つが全く違う配色で色鮮やかさが際立つのが大羊居らしい着物です。
高値で売るのなら、その真価が分かる買い手を選ぶ事が大切です。
着物買取店の無料査定なら、着物への深い知識を持った鑑定士が丁寧に見てくれるので安心です。

参考:大羊居の着物を買取りしてくれる店一覧

こういった店は訪問による査定や宅配買取りにも対応しているのでその便利さで人気を集めています。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ