平良敏子のネットでの売却相場は25万円前後

ネットで平良敏子(たいら・としこ)の着物を売却しようと考えた場合、相場をリサーチしてみると、25万円で取引された例が見つかりました。

ネットにおいてあまり流通量が多くないので、調べた限りではこの辺りの金額でした。

平良敏子さんは人間国宝ですので、その着物を買うときはかなり高かったことだと思います。
ネットでは、あまり高値がつきにくいですし、そもそもオンラインにあまり出回らないのが特徴です。

平良敏子の着物の特徴は

平良敏子は、昭和から平成にかけて、活躍した現役作家です。
大正10年(1921年)の生まれで、2017年現在も存命ですが、もう95歳を超えています。
染織家としてまだ活躍しておられます。
沖縄工芸の第一人者です。

芭蕉布(ばしょうふ)を再興させた人物です。芭蕉布の技術で人間国宝を受賞しています。
沖縄県大宜味村喜如嘉(おおぎみむら・きじょか)の生まれで、沖縄を愛した方です。

芭蕉布は、二度の戦争で途絶えてしまったのですが、その復興に尽くしました。植物染料などによって染め上げられる技術に精通した作家でもあります。

芭蕉布に、琉球王朝の意匠などを組み込み、芭蕉布の未来を広げました。繊細な感性で評価が高く、国内のみならず海外でも高い評価を受けている作家です。

芭蕉布は、100年を超える歴史を持ちます。

芭蕉の糸から繊維を取り出し、丹念な作業と、精細な手作業で、糸を織り込むのが特徴です。
地元の素材が使われており、芭蕉布は昔から変わらぬ手作業で作られています。国の重要文化財ともなっており、日本の伝統のひとつとして認められています。

工程は数多くありますが、すべてが丁寧な仕事で作られており、しなやかさがありながらもしっかりした織物です。沖縄の誇りでもあり、伝統でもあります。

平良敏子は、20歳で勤労隊として招集されました。そして倉敷におもむいたのです。
帰ってくる際に、倉敷紡績の社長から声をかけられたことで、沖縄の織物を守り継ぐ決意をしたのです。誠意を込めてその目標を掲げ、いろいろな困難に見舞われながらも、芭蕉布とともに歩んでいった作家です。

自分自身の技術を徹底的に磨き上げるだけでなく、後輩の育成にも尽力し、芭蕉布が自分のあとも受け継がれていくように、尽力しました。

心と信念で織物を続け、90歳を超えても、制作現場に立つこともあります。かなりご高齢ですが、現在も活動を続けています。

芭蕉布は、包まれるとふんわりしており、心と体があたたかくなります。糸芭蕉から作られた芭蕉布は、徹底的に選別されます。
自然の中で作られるため、気候によっても仕上がりが違うのが特徴です。

そのため、平良敏子は上質の着物に仕上げるために、繊維を保管し、色を揃えるという作業を復活させました。何年もかけて溜め込んだ糸は、織り上げたあと、とても丈夫になります。

平良敏子の着物を高く売るコツ

平良敏子は人間国宝で、なおかつ多作、長生きもされている方なので、芭蕉布の作品は着物の中古市場に多く出回っています。

芭蕉布は丈夫で、長持ちして、親子代々受け継ぐことができる着物です。
そのため、ネットでも比較的高額の取引が可能なのですが、さらに高値がつくのが、着物買取店による買い取りとなります。

平良敏子の着物は価値が高いので、ネットよりも買い取り店の方が高く買い取ってもらえます。