染めの北川の着物はどれくらいで売れる?

染の北川の着物の中古価格は、ネットオークションでは26,000円程度

京都の老舗製造卸業者「染の北川」の着物を売りたい時、相場がどのくらいなのか気になるでしょう。

染の北川の着物をネットオークションで販売した場合を調べてみると、その平均相場は約26,000円です。

これはネットオークションの平均であり、初期は出品者が金額を設定できるので正当な相場であるか判断することは困難と言えます。
高値で売りだそうと10万円以上に高く設定してしまうとなかなか売れず、少額だともっと高く売りたかった…と、不満を感じてしまうでしょう。

染の北川の着物の特徴

歴史深い京都は着物文化とも深い関係があり、染の北川は京都内でも名門の一流染匠と有名です。
着物の愛好家はもちろん、雑誌やテレビでも頻繁に紹介され、愛用する著名人も多くいます。

製造作業では妥協を許すことなく、生地や素材の開発、高度な技術の染め、現代でも適応するデザイン性を常に追求しつつ、京都の伝統工芸品・京友禅の伝統を守って着物を製造してきました。

しかし、経営低迷化により染の北川は廃業となり、現在は取り扱っている通信販売や中古市場でしか求めることができません。

京友禅は絹生地に手描きで絵や模様を書いて染めたもので、元禄時代から存在する歴史深い伝統工芸品です。
京友禅では多彩な色を使用するため、配色バランスが着物の上品さを左右すると言えます。
また、パステルカラーの色調が多く、華やかさのなかに柔らかな上品さが多くの人々を虜にしてきたのです。

染の北川でもその繊細な色使いを大切にしており、淡いパステルカラーから黒やモスグリーン、赤茶などはっきりした色彩の着物などが豊富に揃っています。

京友禅は模様や配色バランスをしっかり検討しながら、図案の考案からはじまります。
同時に衣装に適した生地も、この企画段階で選択されるようです。

京友禅の特徴は多彩な色彩だけではなく、金や刺繍も華やかさを演出する特徴です。
染の北川でも伝統的な技法を使い、華やかな着物をつくりだしてきました。

高品質な着物は着心地も良く、様々な場面で着用できることから現在でも多くの人々に愛用されています。

染の北川の着物を高値で売るコツ

染の北川は伝統工芸品である京友禅を中心に販売していたため、品質を認める証紙が張られているので、一生に出すことで高値に期待できます。

また、包装していた袋や箱があればより高額になるでしょう。
着物買取で高額を狙うのであれば、着物専門買取業者の利用も最適です。
ブランド買取とは異なり、着物に特化した業者なので納得のいく価格を査定してもらえます。

また、店舗へ持ち込むのが大変、大量買取をしてもらいたい人に向けて、無料の主張買取や宅配買取などのサービスも充実しているところが豊富です。
染の北川の着物を正しい価値で売りたい場合は、着物専門買取業者を利用してみましょう。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ