白山工房の着物の中古価格は、ネットオークションでは60,000円程度

白山工房の着物をネットオークションで売ろうと検討されている方もいらっしゃるかもしれませんが、あまりネットオークションで売ることはオススメできません。
ネットオークションで白山工房の着物の中古相場を調べてみると、約60,000円という結果になりました。

60,000円でも十分高いと思われるかもしれませんが、あくまでもこれは相場であり、高く売れない可能性も十分ありえるのです。

確実に高く売りたいのなら、ネットオークションではない方法で着物を売った方が良いと言えそうです。

白山工房の着物の特徴

白山工房の着物の特徴は、石川県白山市内にある白峰(旧:牛首村)に由来される、牛首紬の技法を使って織られているという点です。

元々この地域は出作りという形態が取られており、家から離れた山の中に家族で移り春から農業を行って、冬の前になると収穫されたものを家まで持ち帰るという方法を取っていました。
この方法は農業だけではなく養蚕でも活用されており、生糸を販売し収入を得ていました。

中には生糸として売れないくず繭もあり、その中の玉繭を使って作られたのが、牛首紬です。
この牛首紬は現在、石川県の無形文化財にも指定されている程、現代では貴重な技術となっています。

牛首紬は紬織物でありながら、絹織物のようにも思える独特の地風が特徴的と言えます。
玉繭を使っているため丈夫で肌にも馴染みやすく、美しさも兼ね備わっている着物です。

まず繭を選定するところから始まり、繭を煮てから繰糸・撚糸の作業を行います。
さらに精錬し染色された糸を糊付けして整経、機掛けをして織っていきます。

箱とび二丁杼を利用し、機で織られていきます。

織上面を注目して織らないと品質が悪くなってしまうため、1本1本を丁寧に織り込まなくてはなりません。
しかし、そのおかげで牛首紬独特の地風が生まれるのです。

また、染色は全て草木染めで行われています。
草木染めによって自然の素材から出される色合いを表現することができ、柔らかく優しい色で上品さを演出してくれます。
さらに糸を染色する際に色をしっかりと定着させるため、半年間は置いておく必要があります。
このように、多くの手間をかけて作られるため、品質の高い白山工房の牛首紬が完成するのです。

白山工房では昔から地域に伝わる牛首紬の伝統をそのまま引き継ぎ、手間がかかっても手織りにこだわって作り続けています。

白山工房には昔牛首紬を作るために使用されていた地機や江戸時代の牛首紬に関する資料を展示していたり、牛首紬が作られている工程を見学したり、作品展示や売店もあるので訪れて楽しめる施設になっています。

その中で生み出される質の高い牛首紬は、今もなお多くの人を魅了しているのです。

白山工房の着物を高値で売るコツ

白山工房の着物をネットオークション以外で高値で売るコツとしては、良い状態のまま売れるように着物の保管をしっかりと行っておくべきです。
十分な保管でないとすぐに虫に食われてしまったり、色が焼けてしまう恐れもあります。

また、着物専門買取業者に相談した方がベターと言えます。
なぜなら、着物専門買取業者は実績あるプロの査定士が正しい価格を判断してくれるからです。

ネットオークションでは自分で値段をつける必要がありますが、着物専門買取業者なら正しい査定を行ってくれて、しかも売る時の手間はほとんどいらないため高値で売ることが期待できつつ、面倒なことも一切ありません。