白山工房の着物の買取り相場はオークションではいくらなの?

不要になった白山工房の着物を売る事を検討しているのなら、まずは買取り相場をおさえておきましょう。
ネットオークションで売るケースだと、白山工房の着物は平均6万円程度で買取りされています。
中古の最高値は大丸呉服の証書付きで40万円で売る事ができています。
ちなみに最安値は100円からありますので、モノによって売る値段がかなり変わります。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

白山工房の着物を高値で売るのなら、その価値が十分に分かる着物買取り専門店に見てもらうのがおすすめです。

参考:白山工房の着物を買取りしてくれる専門店一覧

こういったお店は無料で鑑定してくれるので、提示額に満足なら売る事を検討してみましょう。

白山工房の着物の特徴

白山工房の着物の特徴は、石川県白山市内にある白峰(旧:牛首村)に由来される、牛首紬の技法を使って織られているという点です。

参考:牛首紬の買取り

元々この地域は出作りという形態が取られており、家から離れた山の中に家族で移り春から農業を行って、冬の前になると収穫されたものを家まで持ち帰るという方法を取っていました。
この方法は農業だけではなく養蚕でも活用されており、生糸を販売し収入を得ていました。

中には生糸として売れないくず繭もあり、その中の玉繭を使って作られたのが、牛首紬です。
この牛首紬は現在、石川県の無形文化財にも指定されている程、現代では貴重な技術となっています。

牛首紬は紬織物でありながら、絹織物のようにも思える独特の地風が特徴的と言えます。
玉繭を使っているため丈夫で肌にも馴染みやすく、美しさも兼ね備わっている着物です。

まず繭を選定するところから始まり、繭を煮てから繰糸・撚糸の作業を行います。
さらに精錬し染色された糸を糊付けして整経、機掛けをして織っていきます。

箱とび二丁杼を利用し、機で織られていきます。

織上面を注目して織らないと品質が悪くなってしまうため、1本1本を丁寧に織り込まなくてはなりません。
しかし、そのおかげで牛首紬独特の地風が生まれるのです。

また、染色は全て草木染めで行われています。
草木染めによって自然の素材から出される色合いを表現することができ、柔らかく優しい色で上品さを演出してくれます。
さらに糸を染色する際に色をしっかりと定着させるため、半年間は置いておく必要があります。
このように、多くの手間をかけて作られるため、品質の高い白山工房の牛首紬が完成するのです。

白山工房では昔から地域に伝わる牛首紬の伝統をそのまま引き継ぎ、手間がかかっても手織りにこだわって作り続けています。

白山工房には昔牛首紬を作るために使用されていた地機や江戸時代の牛首紬に関する資料を展示していたり、牛首紬が作られている工程を見学したり、作品展示や売店もあるので訪れて楽しめる施設になっています。

その中で生み出される質の高い牛首紬は、今もなお多くの人を魅了しているのです。

白山工房の着物を高値で売るコツ

白山工房の着物を高値で売るコツとしては、やはり保管に十分気を付けることです。
また、価値が分かる買い手に売る事も大切です。
白山工房の価値が分からない買い手に売ると思わぬ安値で買い叩かれてしまう可能性があります。

安心なのは、着物への深い知識を持った査定員のいる着物買取り専門店に鑑定してもらう事です。

参考:白山工房の着物を買取りしてくれる専門店一覧

専門店は出張買取りや宅配査定にも対応しているので、その手軽さも大きな魅力です。