白大島紬の着物の中古価格は、ネットオークションでは18,000円程度

白大島紬の着物を持っている人の中には、不要になり処分したい方も多いはずです。

捨てるのはもったいないと思って売りたい方も多いかと思いますが、ネットオークションで売ったらどんな相場で売れるのでしょうか。
調べてみるとネットオークションの現在の相場は約18,000円となっています。

もちろんこれは目安にすぎませんが白大島紬の着物を高額で売りたい場合は、他の方法も視野に入れた方が良いかも知れません。

白大島紬の着物の特徴

白大島紬は鹿児島県奄美大島を中心につくられている大島紬の一種です。
大島紬は鹿児島を代表する伝統工芸品で、締機と呼ばれる織機を使うことと泥染めが特徴的と言えます。

独自の染織技術で絣が生み出され、とても美しい仕上がりが着物愛好家からも人気が高い織物です。

大島紬自体は7世紀あたりからつくられていたとされており、18世紀あたりから奄美大島でつくられ始めました。
この当時から絣の技術も取り入れられ始めたようです。

そんな大島紬には染色によって様々な種類があり、その一つが白大島紬になります。

白大島紬では薩摩焼でも使われる白い泥で、絣糸と地糸を染めているのです。
白泥染めは大島紬でも最上級で芸術性が高いと評価されています。
色染めは、まずテーチ木と呼ばれる車輪梅の木を使って染色を行い、さらに泥田で白い泥が糸全体に馴染むまで染めます。
テーチ木染めを20回程、白泥染めを1回の流れが1工程で、これを4回程繰り返すと深みのある光沢が出てきます。
固定を繰り返すごとに絹糸もしなやかさが出て、完成した着物は柔らかく着心地の良いものとなります。

他の大島紬とは異なり、白の地色に絣模様の色が入るデザインはシンプルな美しさを感じるでしょう。
爽やかさや涼しさの印象があり、早春や初夏にはぴったりな着物です。

シンプルでありながら絹独特の光沢感が美しい白大島紬は着物愛好家の憧れの着物であり、人気も高いため中古市場でも需要の高い着物であると言えます。

白大島紬の着物を高値で売るコツ

白大島紬は鹿児島県の伝統工芸品なので、証紙がついています。
証紙は産地や品質を証明するためのものなので、高額買取を希望する場合は一緒に査定に出すと良いでしょう。

白大島紬を売る場合は着物専門買取業者の利用がおすすめです。
着物専門買取業者は着物に対する知識を持つ鑑定士が査定を行うので、白大島紬の正確な価値から適した金額を提示してくれます。