白山紬の着物の中古価格はネットオークションでは6,000円程度

白山紬は石川県白峰町で織られていた紬です。
この白山紬を持っていても使う機会がなかなかないため、処分を検討している方もいるのではないでしょうか。
白山紬はネットオークションなどで相場を調べてみると、平均価格が6,000円程度となり、伝統的な着物であっても低い価格で売買されているとことがわかりました。

あくまで目安に過ぎませんですが、それにしても安いです。
着物を正当な価格で売りたいなら、ネットオークションだけではなく他の方法も検討した方が良いかも知れません。

白山紬の着物の特徴

石川県白峰町で織られた紬は、ここで生産されているものを白山紬と呼んでいます。

比較されることの多い牛首紬も、もとは同じ石川県白峰町が生産地となり、織物の特徴となる釘に引っ掛けても破れない程強くて丈夫な手織りの織物として、「くぎ抜き紬」とも呼ばれていました。

生産方法は「座繰り」と呼ばれる道具を使い、玉糸を引いた糸を横糸に使うのが特徴的です。

この織物を機械織りした金沢市近郊の織元が「白山紬」と商標登録してしまったことで、白山紬という名前を名乗れなくなり、しかたなく明治時代まで白峰村が牛首村であったことに由来した、「牛首紬」という名前で織物を販売していました。
そのため、白山紬も牛首紬も同じルーツで生まれた織物となっています。

ただ、白山紬は商標登録後、元々の製法とは違った製法で作られています。
その後、商標登録した企業が昭和初期に廃業してなくなり、福井県の別の織物業に商標が譲られていきました。

少しややこしい経緯があり、生産方法も機械織と手織という違いがありながらも、似たような風合いがあって艶のある染め上がりや生地の丈夫さ、裾さばきの良さなどは牛首紬に負けることがないと言われています。

白山紬も機械織でありながらもしっかりと織ってあるため、くぎ抜き紬との別名が付けられています。
しかし、強さだけではなく生地の柔らかさを保っているため、体にしっかりとフィットして心地よく着ることができるので、着物愛好家の中でも親しまれているのです。

また、牛首紬は光沢感があることが最大の特徴とも言われ、高級感やシャリ感のある生地が人気となっていますが、白山紬も負けないくらいの光沢感を持ち、見る人によっては見分けがつかないくらいのクオリティとなります。

どうしても手織りの着物に比べると、機械織りということで価格にも差が出てしまいますが、白山紬は生地の丈夫さがあり、光沢感や艶やかさ、柔らかさなどは女性の良さを引き立ててくれるのです。

きもの通の間では高級織物として知られる牛首紬に比べて比較的購入しやすい価格であることから、あえて白山紬を求めている方も多くみられます。

白山紬の着物を高値で売るコツ

少しややこしい歴史のある白山紬の着物ですが、普段使いに最適な着物となっているので、何枚でも欲しいという方も多くいるでしょう。
そのため、オークションサイトで購入するよりも着物専門買取業者で白山紬の着物を探している方も多くいるので、白山紬の着物を売りたい方は、依頼して査定してもらうことをおすすめします。

着物専門買取業者であれば着物の専門的な知識があるので、きちんと査定や評価をしたあとに適正価格を提示してくれます。
業者によっては、無料査定や宅配査定も利用できるので、このようなサービスを利用すると便利です。