白鷹紬の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

白鷹紬の買取り相場はオークションではいくらなの?

自宅に眠っている白鷹紬を売るのなら、まずは買取り相場をチェックしておきましょう。

ネットオークションで売る場合だと、未使用の男性用羽織が59,510円で落札されています。
逆に最安値は着物が1,200円からあります。
もちろんこれらの数字は目安に過ぎません。

白鷹紬を高く売るのなら、着物への深い造詣を持った鑑定員のいる着物買取店に見てもらうのが一番です。

参考:白鷹紬の着物を買取りしてくれる店一覧

無料査定に応じてくれますから、買取り額に満足なら売る事を本格的に考えてみましょう。

白鷹紬の特徴を徹底解説

白鷹紬は山形県白鷹町で生産されている絹織物です。

参考:山形で着物を売る

山形県の内陸南部は置賜地方と呼ばれており、その地方では白鷹紬以外に、長井市で生産される長井紬と、米沢市が産地の米沢紬があります。
この3つをまとめて「置賜紬」と呼び、白鷹お召や白鷹板締小絣が代表的な織物です。

白鷹町をはじめ、置賜地方は古くから養蚕が盛んに行われ、奈良時代には白蚕を神に祀る白子神社が中心部にあります。
白鷹紬は上質な絹糸で織られているので肌触りが良く、様々な種類の原料を用いた草木染めの技法を用いて作り上げています。

生産は奈良時代から行われていますが、本格的に商品の流通が始まったのは17世紀頃です。
関ヶ原合戦で上杉景勝が西軍に味方したことで米沢に転封となり、その家老だった直江兼続は大勢の家臣や領民を養うために、絹織物に目を付けました。
京都から職人を呼び寄せたことで産業としての生産が始まり、江戸中期には上杉鷹山が各地の優秀な職人や技術を取り入れ、現在の技法を確立させていきました。

しかし、近代化で着物の需要が減り、さらに世界恐慌の影響で絹製品も暴落したことで工房は大幅に減っていきます。
その歴史の中でも生き残った工房は技術を継承し、数々の白鷹紬を生産していき、工芸品的な価値が認められて1976年に国の伝統工芸品に指定されます。
さらに、2007年には県の無形文化財に認定されました。

白鷹紬は板締めと呼ばれる染色技法を用いています。
板締め染めは何枚もの板で糸をプレスし、そこに染料をかけて染めていく技法です。
模様が彫られた板の上に糸束を張り、さらに板を重ねて糸を挟むという作業を繰り返します。

30枚から50枚に重ねた板と糸を金具でプレスしてブロック状に固定させ、そこに染料をかけて染めていきます。
染色作業は1時間ほどかけて行われ、板を外せば細かい縞模様に染まった絹糸の完成です。

完成した絹糸は手作業によって丁寧に織られ、白鷹紬の完成となります。
板締め染めは奈良時代から存在する技法ですが、現在は白鷹紬を作る2つの工房でしか使われていません。
その理由は染色で使う板は天然木なので湿度と温度管理が難しく、それで技術継承を断念する工房が多かったようです。

貴重な技法を使っていることと、生産数が年間約100反と少ないことから幻の紬と言われています。

白鷹紬を高値で売るコツ

白鷹紬に限りませんが、どんなに価値が高いものでも、汚れやシミ、カビ、破れなどが目立ってしまうと再販が難しくなるので、評価が下がってしまいます。
劣化させないように保管方法に気を付け、買取りに出す際はホコリを軽く落とすと査定額アップが期待できます。

白鷹紬を高く売るのなら専門知識豊富な着物買取店に鑑定してもらいましょう。

参考:白鷹紬の着物を買取りしてくれる店一覧

宅配による査定や訪問買取りに対応しているので忙しい方にもおすすめの方法です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ