塩沢紬の買取り相場はオークションではいくらなの?

塩沢紬の着物を売る際、まず相場を抑えておくことが大切です。

ネットオークションで塩沢紬を売る場合の平均相場を見てみると、平均19000円程度となっています。
中古品の最高額は、15万円のものもありますが、安値で買取りされる場合も多いようです。

もちろんこれはネットオークションの相場なので目安でしかありません。

塩沢紬を高値で売るのなら、着物専門の買取り店に無料査定してもらうのがおすすめです。
着物の知識に精通した専門家が丁寧に査定してくれるので、高値買取りが期待できます。

参考:塩沢紬の着物を買取りしてくれる専門店一覧

塩沢紬なら多少状態の悪いものも売る事ができる可能性が高いです。

 

塩沢紬の着物の特徴

塩沢紬は主に新潟県南魚沼市の塩沢町で生産されている伝統工芸品の織物です。
塩沢では塩沢紬の簿価に越後上布や夏塩沢、本塩沢が古くから織られており、本塩沢と間違われる事も多いのですが、塩沢紬は別物となります。
塩沢周辺は奈良時代から織物が盛んで、紬の原型とも言われる越後上布は正倉院にも送られ、現在でも保管されているそうです。

そんな越後上布の技法に絹の織物を取り入れた技法でつくられているのが、塩沢紬になります。

塩沢紬の技法は江戸中頃に開発され、大正時代では生産量も増加し、越後上布よりも生産が拡大したようです。
しかし、当時は戦争中で塩沢紬は贅沢品であったため、生産制限を設けられています。

戦後は協同組合が発足され、塩沢紬の商品化がどんどん進められていったのです。
着物や訪問着、反物などがある一方、もっと身近に触れてもらえるようにボトルバッグやキルトバッグなど塩沢紬が使われる生活雑貨やファッション雑貨も登場しています。
1975年には経済産業省が指定する伝統工芸品と認められ、さらに2009年にはユネスコの無形文化財にも指定されています。

塩沢紬では縦糸に常繭からつくられる生糸と玉繭から作られる玉糸を使い、横糸では真綿から紡がれる真綿糸を使用しています。
真綿を使うことでふんわりと柔らかな質感が特徴的です。

この2つの糸は地元での入手が難しいので、群馬県などで生産される糸を使用することがほとんどとなっています。
織では手くくりと手すり込みによって織られ、絣糸を1本ずつ丁寧に合わせて織り上げられているのです。
絣の種類は虫絣、十字絣、亀甲絣など細かな模様も塩沢紬の特徴ともいえます。

塩沢紬の生産では、まず先染めが行われます。
先染めとは糸を先に染めて、織物でおる作業に入ることです。

先染め終わると平織がはじまり、まずは図案どおりの模様がでるように手くくりや手すり込みなどの技法を使ったかすり作りが行われます。

さらに図案に応じて縦糸と横糸の位置を修正しながら硬く巻き上げる機巻き、立てと横のかすり模様を合わせて丁寧に織りあげる機織りを行い、仕上げに汚れ落としや布幅や長さの調整をして巻き上げ紬の完成です。

完成後は厳しい品質検査が行われ、認められたものだけ証票がはられて、製品として正式に完成します。

現在は生活様式の変化や問屋が新潟県外への偏り、技術者が少ないことから「幻の紬」とも呼ばれ、とても貴重なものとなっています。

しかし、協同組合は技術を絶やさないように人材育成や新製品の開発、展示会を通じて塩沢紬の良さを伝え続けているのです。

塩沢紬の着物を高値で売るコツ

塩沢紬は伝統工芸品なので着物には証票が張られています。
高額で売るなら証紙と一緒に査定へ出すことで、より高額買取りが望めるでしょう。

また、他にも品の状態や作家物であるかどうかも、売る価格を左右するポイントです。

高額買取りを望むのであれば着物買取り専門店を活用しましょう。

参考:塩沢紬の着物を買取りしてくれる専門店一覧

着物に関する正確な知識を持ち、塩沢紬の価値もしっかり理解した上で正しい査定を行ってくれます。

自宅でも気軽に査定してもらえる出張買取りや宅配買取りも行っているお店も多いので、ぜひ利用してみましょう。