志ま亀の着物の買取り相場はオークションではいくらなの?

志ま亀は東京銀座に位置する創業200年以上の老舗の呉服店です。
そんな志ま亀の着物を売る場合、まずは買取り相場のチェックが重要です。

ネットオークションで志ま亀の着物を売るケースを調べてみると、平均6万円程度でした。
中古の最高値は、小紋が193,000円で買取りされたものがあります。

もちろんこの値段は目安に過ぎません。
志ま亀を高値で売るのなら、その真価が分かる着物の目利きに査定してもらうのが一番です。
着物買取り専門店は、志ま亀はもちろん、着物全般への深い知識を持った査定員がいるので安心です。

参考:志ま亀の着物を買取りしてくれる専門店一覧

こういった専門店は、無料で査定してくれるので、提示額に満足なら売る事を検討してみましょう。

志ま亀の着物の特徴

志ま亀はもともと絹物呉服商として京都に開業しました。
都踊りの衣装を制作するなど、幅広い呉服を作り花街を主体に販売を行っていましたが、徐々に普通の女性も着やすいような商売へ移っていきました。

戦争の時代を迎えた頃もなるべくその質を落とさないようにお店のブランドを守りつつ、昭和25年には東京へと進出していったのです。

東京へ進出した志ま亀は、五代目当主の妻が六代目を受け継ぎ、女性ならではのアイデアと繊細さで女性が着やすい着物を作り続けてきました。

現在は七代目の妻が当主を務め、志ま亀の伝統を守り続けています。

志ま亀の着物の特徴としては、色合いが他にはなかなか見られないものが多いという点です。
ハッキリとした色合いというよりは、どちらかというと少し抑えめな色が多いのですが、それでも美しく映えるような色味が特徴的です。

特に有名なのは水色で、まるでパステルカラーのような柔らかい印象が女性らしさをグッと引き立たせてくれます。
また、志ま亀では黒色も人気色の一つとなっており、濃い黒色によって女性の持つ気品さ・上品さを表現してくれます。

志ま亀の文様は江戸小紋とは違い、大きめの柄で使われる色もカラフルです。
その柄はおよそ1000種類にも及び、たくさんの文様の中から自分に合ったもの、好みのものを選ぶことができるでしょう。

古典的な文様が多いですが、これが志ま亀ならではの着物と言っても過言ではありません。

志ま亀の着物は手描き友禅・型友禅の2種類が作られています。
どちらも一つ一つの工程において妥協はせず、とても繊細な作業を行っています。

手描き友禅の特徴である糸目もそれぞれが細やかで、技術を習得するまで長い期間が必要と言われていますが、その技術を余すことなく志ま亀の着物には表れています。

また、型友禅は一見手描き友禅に比べて量産向きであり簡単だという声もありますが、職人の手で作られる型友禅はたった1枚の着物にも型紙を100枚以上使うこともあり、とても根気のいる作業です。

志ま亀の型友禅は手間を重ねることで、より美しい作品を仕上げています。
これらの特徴から、志ま亀の着物に憧れを抱く人も少なくありません。

一度は手にしたい、そんな着物が志ま亀にはあるのです。

志ま亀の着物を高値で売るコツ

志ま亀の着物を高値で売るコツとしては、やはり着物買取りのプロに任せるのがおすすめです。
こういった専門店は、素人では歯が立たない着物への深い造詣があるので、その真価をズバリと鑑定してくれます。

参考:志ま亀の着物を買取りしてくれる専門店一覧

持ち込みでの買取りはもちろん、訪問や宅配での買取りに対応しているお店も多いのでとても便利です。
特に宅配は、段ボールに詰めておくるだけで査定額を教えてくれます。
金額に満足でなければ売る必要はなく、段ボールを返送してもらえばいいだけです。