芹沢銈介の着物の買取り相場はオークションではいくらなの?

芹沢銈介の着物を売るなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。
ネットオークションで売る場合の相場を調べてみると、平均85,000円程度で買取りされています。
中古の最高値は、型絵染の小紋の着物で、22万円で売る事ができています。
もちろんこの値段は目安に過ぎません。

高値で売るのなら、まずは着物買取り専門店の無料査定に出してみるのがおすすめです。

参考:芹沢銈介の着物を買取りしてくれる専門店一覧

芹沢銈介についてはもちろんの事、着物全般への深い知識を持ったプロの目利きが適正な値段をつけてくれます。
提示額が満足な場合は、売る事を検討しても良いでしょう。

芹沢銈介の着物はどんな着物?

芹沢銈介の着物は、型染めをつかって、染められています。
伝統的な染め物の手法で、歴史があります。

渋紙をつかった型紙や、もち米を原料として、防染糊をつかって布を染めていきます。

1930年頃から芹沢銈介の型染めははじまっています。1956年には、人間国宝となりました。
それも、型染めが評価されたものです。

人物や風景、そして文字や植物、はたまた幾何学模様にいたるまで、いろいろな模様を特徴としているのが芹沢銈介の着物の模様です。
初期の頃から、人生の終わりにいたるまで、わかりやすくてフレンドリーな画風が特徴で、一貫性があります。着物や帯だけでなく、のれんや屏風、額絵、絵本なども制作しており、さまざまな守備範囲がありました。

活躍は作家として、染色だけにはとどまりませんでした。
本の装丁なども手がけています。また、ガラス絵や板絵、陶器の絵付け、看板、照明デザイン、大原美術館工芸館のデザインなど、多岐にわたる活躍をし、見事な腕を披露しています。

静岡市の出身で、静岡市には芹沢銈介美術館もあり、その多彩な仕事ぶりを確認することができます。

多作だったため、数多くの作品をこの世に残しています。
温和な作風でファンが多いのも特徴としています。幅広い人に愛され、求められた作家です。
パリで個展を開くなど、海外でも活躍し、生涯を通じて型染め作家として活躍したのです。

芹沢銈介の着物を高く売るコツは?

芹沢銈介は、多作な作家だったので、数多くの着物が残されています。
流通量は多く、芹沢銈介の着物の買取りを対応してくれるお店も沢山あります。

高く売る為に大切なことは、保存状態が良いことです。
タバコの匂いがついていないか、ほこりや汚れなどははらって、やぶれやほつれなどがないかも確認しましょう。
また、専門知識のある査定員がいる所に売るのも、高い値をつけてもらうコツです。
芹沢銈介は、人間国宝なので有名ですが、着物を全くしらない人間にとっては、その価値が分かりません。
近所のリサイクルショップに売る場合は、着物に対する知識を持った人がいるか確認しましょう。価値が分からない人に売るほど、もったいない事はありません。着物買取りの専門店なら、着物に造詣の深い鑑定員が丁寧に査定してくれます。
参考:芹沢銈介の着物を買取りしてくれる専門店一覧

こういった専門店は持ち込み査定はもちろん、家に来てくれる訪問買取り、箱に詰めて送るだけの宅配買取りに対応しているお店も多いのでたいへん便利です。