精好仙台平の着物の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

精好仙台平の買取り相場はオークションではいくらなの?

タンスに眠っている精好仙台平の着物を売る事を考えている方、少なくないと思います。
上質な織物となっているので、売る場合には買取り相場のチェックは必須です。

ネットオークションで売るケースを調べてみると平均13,000円程度で買取りされています。
中古の最高値は人間国宝、甲田綏郎の手による反物で228,000円で売る事ができています。
ちなみに最安値は袴が500円からあり、価格の幅が広いです。
もちろんこの値段は目安に過ぎません。

精好仙台平を高く売るのなら、その価値が分かる査定員がいる着物買取店に出すのがおすすめです。

参考:精好仙台平の着物を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は無料で査定してくれるのでたいへん便利です。

精好仙台平の特徴を徹底解説

宮城県仙台で生産されている精好仙台平は、袴地として伝統的な歴史のある織物です。

参考:宮城の着物買取

江戸時代の中期頃に京都から織師を招いて織らせた絹織物の一種、精好織が起源と言われています。

精好仙台平のデザインの特徴としては、縞模様でしょう。
濡緯と呼ばれる撚りのない生糸を緯糸で使用し、経糸には練糸を使用して織りあげています。
シワができにくいことも特徴で、座るとふくらみができて優雅な風合いを持ち、立ちあがると不自然に垂れ下がってしまうことなく形が整うので様々な動作にも適していると定評があります。

そのため、舞や能楽、弓道などの激しい動きをする際にも耐えることができるので、精好仙台平の袴を使用している人は非常に多くいます。

工程としては、下記のような流れで行われています。

  1. 染め
    天然の草木から抽出した植物染料を使用してセリシン定着法という染め方によって生糸を染めていきます。
  2. 乾燥
    染料を定着させるために約2週間陰干しで吊るしておきます。
  3. 濡緯
    精好仙台平特有の技法で、髪の毛よりも細い糸を1本1本バラバラにならないように濡緯を管に巻きとります。
  4. 機織り
    撚りのない生糸を濡らした緯糸と光沢のある練り糸の経糸を用いて機織りを行います。

こうした独自の製法によって精好仙台平は作られていきます。
明治維新後では民間企業として発展を遂げていましたが、その技術に関しては門外不出となっており、現在では四代に渡って受け継がれる工房でしか生産されておらず、甲田家だけでしか精好仙台平を制作する伝統技術を知らないのです。
現在の当主は四代目になる甲田綏郎氏です。

昭和4年に生まれた甲田綏郎は、早くから父であり重要無形文化財精好仙台平の技術保持者として人間国宝に認定された甲田榮佑氏のもとで精好仙台平についてを学び、厳しい指導によって技術を磨いていったのです。

そして、甲田綏郎自身も平成14年に人間国宝として指定され、これまで精好仙台平の制作に取り組んできました。
精好仙台平の着物や小物に関しては、著名人にも人気があるためメディアで取り上げられることも多く需要は高いのですが、市場に出回る数が少ないと言われています。

そのため、稀少価値の高い着物と言えるので高価買取りとなる可能性も高いと言えるでしょう。

精好仙台平を高値で売るコツ

精好仙台平の着物は制作技術が国の需要無形文化財に指定されているので高値で売る事が期待できます。
ですが、状態の良いものでないと査定額も下がってしまうので、状態が悪くなる前に売ることが最適だと考えられます。

精好仙台平を高値で売るのなら、着物買取店の無料査定に出してみると良いです。

参考:精好仙台平の着物を買取りしてくれる店一覧

精好仙台平だけでなく、着物全般への深い知識を持った鑑定士がその真価を見極めてくれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ