佐波理綴の中古はどれくらいで売れる?

佐波理綴の着物の中古価格は、ネットオークションでは7万6000円程度

佐波理綴の着物を売りたいと思った時、相場がどのくらいなのか気になる方も多いはずです。
佐波理綴は帯が多く、ネットオークションでの帯の相場は7万6000円程度となっています。
しかし、これはあくまでもネットオークションでの相場目安となるため、 佐波理綴本来の価値を証明するものではありません。

佐波理綴の着物の特徴

佐波理綴は織物の一種で、まるで宝石のように美しく輝く生地が特徴的です。

光の反射によって色彩が変化するため、見る角度が変わる度に色彩の異なる幻想的な美しさを感じることができます。
明るい自然光では落ち着いた光を表現し、薄暗い明度であっても生地は光を感じ取って鮮やかに彩られ、自然光の表情とはことなる変化を楽しめます。

佐波理綴の名前は天皇家の宝物館である正倉院に置かれた秘宝、佐波理と呼ばれる器です。
佐波理は銅、錫、鉛でつくられており、見るたびに色が異なるように見えると言われています。

佐波理綴では着物もありますが、主に帯で使われることが多いです。
帯は市松模様などがありますが、日本や世界の情景を描いた帯も存在感があり、1つのアートのように思えるでしょう。

佐波理綴は従来の織物とは異なり、横糸を立体的に織り込んでいく製法が特徴的です。
なので、平面の模様だけではなく景色のような模様も再現できます。
そのために、プロの写真家から景色の写真を撮ってもらい、図案を行うのです。

図案では経糸と横糸の数、使用する素材なども考えながら、色数を計算して行います。
さらに図案を拡大しつつ、何色の糸を使用し、どのように織るのか分かるように塗り分けがされるのです。

佐波理綴は先染の染色法が使われるため、図案どおりに糸染が行われます。
完成した金糸を糸枠に巻き取る糸操り、経糸に必要な長さや本数が用意される整経の作業に移るのです。

佐波理綴ではおよそ3000本から8000本の経糸が使用されます。
製織では12つの特許技術を用いてプロの職人が織っていきます。

その技術はダイヤモンドを頼りに角度をつくって織ったり、赤、青、黄色に角度を付けて組み合わせることで、彩色が変化したりするなど、複数の技術を用いて織ることにより、幻想的な色合いを生み出しているのです。

従来の織物と異なる点は、色々を重ねて織るジャカード綴機を使用することでしょう。

一点物の生産が基本となるため、織り上がった帯はそれぞれに合った風合いをだすため、整理加工が最終仕上げに行われます。
仕上げには図案と寸分の違いがないかなどを厳重にチェックし、市場に出されています。
生産過程で素人には見つけにくい傷があったとしても、その状態の着物や帯は出回らないというほど品質管理に徹底されているのです。

クオリティの高さやどんな場面でも上品に着こなせる使い勝手の良さから、着物好きな方はもちろん、有名人や演歌歌手などからも佐波理綴は愛用されています。

佐波理綴の着物を高値で売るコツ

佐波理綴は着物以外にも帯や帯留などの小物にも使用されており、高クオリティなので1点でもなかなかの高額で買取が可能です。
複数点を売ることでより高額買取になるでしょう。

また、もともと品質管理が厳しい着物なので、保存状態が良いものは需要も高いので価値も上がります。

佐波理綴は着物や帯を売る場合は着物専門買取業者であれば、ますます高額買取のチャンスです。
着物専門買取業者は着物に関する知識をたくさん持っているので、ネットオークションや一般的な中古買取業者よりも高い価値をつけてもらうことができます。
多少のシミやシワのある着物でも買取に対応してくれる業者が多いことも魅力です。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ