斉藤三才の買取り相場はオークションでは1万円程度

インターネットオークションのヤフオク!での買取り相場をみていくと、斉藤三才の相場は1万円前後といったところでしょうか。
もちろんこれは、目安に過ぎません。

斉藤三才というデザイナーの名前を冠した着物なので、素人には価値が分かりません。
高額で売るには、着物の価値が分かる業者に買取りしてもらいましょう。

インターネットオークションではなく、プロの査定員のいる着物専門の買取り会社であれば、より高い値段での買取りが期待できます。

もちろん、売る際には斉藤三才の着物の状態が良いかどうかが重要。
保存状態の良し悪しで、斉藤三才の買取価格は上下します。

参考:定番の着物買取り専門業者一覧

斉藤三才とはどんな着物?

斎藤三才とは、その名前を冠する着物デザイナーの名前とブランドです。染色作家・斎藤才三郎の長男として、着物の本場である京都で生まれました。
厳しい父に師事して、着物の染色の基礎を徹底して学びました。

また、斉藤三才は日本画家の加納三楽輝にも師事し、和のデザインを叩き込まれました。
1965年に、「美しいキモノ」に作品を発表し、その斬新さと独特の色彩美が高く評価され、一躍キモノ界の風雲児として雑誌やテレビに取り上げられることとなりました。

感性が豊かで、なおかつ斬新であったことから脚光を浴び、まだまだ古い伝統が支配していた昭和のキモノの世界に、色彩革命を起こしたと言われています。
斉藤三才はテレビ番組のパーソナリティをつとめたこともありますし、歌手とのジョイントショーを行うなど、活動の幅はマルチで幅広く、いろいろな人から支持を受けています。

■京都 嵐山

キモノを形容する言葉で、「三才調の」という形容詞がありますが、それはこの斉藤三才風のデザインをイメージした、という意味です。京都にて35年連続で個展を開いて新作を発表しており、1982年には国際アカデミー賞を受賞しています。

現代キモノ作家の第一人者として、高い業績と影響力、そして知名度を持っている斉藤三才の着物は、とても高い評価を得ています。

斉藤三才を高く売るコツ

斉藤三才は有名な作品も多いため、レプリカ・コピー品も多く、インターネットオークションでは玉石混交になりがちです。
そのため、専門の着物買取り点に売る方が良いでしょう。

目利きを持った査定員に、確かに斉藤三才の品であると確認してもらえれば、高額で売る事も可能かも知れません。

また、斉藤三才は取扱している業者も多いため、複数の業者に相見積もりのようにして買取り査定をしてもらうのをおすすめします。
買取り強化をしている業者であれば、他の業者よりも高く売る事も見込めます。

参考:定番の着物買取り専門業者一覧

斉藤三才は新しい着物ですので、それほど劣化していないはずですので、丁寧に取り扱っていれば、高値で売る事は可能です。