佐賀錦の買取り相場はオークションではいくらなの?

お持ちの佐賀錦の売る事を検討しているのなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。
ネットオークションで佐賀錦を売る場合、平均3,300円程度で買取りされています。
中古の最高値は岡野武一郎の袋帯で 122,000円で売る事ができています。
最安値は1円からありますからまさにピンからキリまでという事でしょう。
もちろんこの値段は目安に過ぎませんのでご留意ください。

佐賀錦を高く売るのなら、着物を熟知した査定員のいる着物買取り専門店に見てもらうのがおすすめです。

参考:佐賀錦の着物を買取りしてくれる専門店一覧

こういった専門店は無料で査定してくれるので、満足いく提示額の場合に限り売る事を検討できます。

佐賀錦の特徴を徹底解説

佐賀錦とは、肥前国鹿島藩で作られていた織物で箔糸を経糸に、絹糸を緯糸にしたものを指します。
箔糸は金や銀、漆などを貼って作った和紙を非常に細かく裁断していき、糸として織っていきます。
緯糸に使われている絹糸も、染色してから使うため非常に手間のかかる織物です。

佐賀錦は元々江戸時代の末期に、現在の佐賀県に位置していた鹿島藩鍋島家で作られたとされています。
鍋島家の9代目藩主夫人が、病気になってしまい床に伏せていました。
その時に天井に施された網代組を見て、どうにか普段の生活の中でも網代組を取り入れられないかと近侍の者に相談し、病気の夫人を励ましたいと考えた結果、近習が観世縒りで網代組の印籠を作ったところ、大変喜ばれたとされています。

これが佐賀錦の始まりであり、ここから鹿島藩の御殿女中の間で広がりを見せ、11代目の藩主夫人と13代目の藩主夫人が経糸に紙を、緯糸に綿糸を取り入れて織り上げたことで、佐賀錦の織物ができていきました。
非常に緻密であることと、素材に金や銀、漆を使った和紙や絹糸を使っていることから幕府にも献上されたことがあります。

明治時代に入ると廃藩置県が起き中奥が解体されてしまったことで佐賀錦の生産が一時期ストップしてしまいました。
しかし、佐賀錦がなくなってしまうことを惜しまれた佐賀出身の大隈重信によって再興されていったのです。

佐賀錦の織り方は「綾織り」が多く見られるのですが、その他にも佐賀錦の始まりにもなった網代や紗綾型、菱紋、亀甲紋、柳紋、雷紋など、様々な文様が楽しめます。

佐賀錦は主に帯地に使われることが多いです。
また、その他にもバッグや鼓袋、雛人形などにも使われています。

帯地は様々なシチュエーションで活用されますが、やはり素材から沸き立つ華やかな品位もあって、どちらかというとフォーマル寄りなシーンで使われることがあります。
ただ、決してフォーマルのシーンに限られるというわけではなく、自由に楽しめる帯と言えるでしょう。

佐賀錦の中でも特に、人間国宝として認定された古賀フミの作品は非常に価値も高くなると考えられます。
2015年に残念ながら他界されてしまいましたが、作品として残っている佐賀錦もあるでしょう。

佐賀錦を高値で売るコツ

佐賀錦を高値で売るためには、傷や汚れ、シワが付かないように丁寧に保管することが重要となります。
また、帯に証紙が付属しているならこの帯が佐賀錦という確かな証明でもあるので、証紙があった方が高く売る事ができる可能性があります。

高く売るのなら、売る相手も重要です。
着物への知識がないと佐賀錦の真価は分かりません。
着物買取り専門店なら専門の鑑定士がその価値を丁寧に見てくれます。

参考:佐賀錦の着物を買取りしてくれる専門店一覧

専門店は訪問買取りや宅配での査定にも対応しているので便利です。