六谷紀久男の中古はどれくらいで売れる?

六谷紀久男の着物の中古価格は、ネットオークションでは4000円程度

着物を売る手段は様々ありますが、手軽に売買できることからネットオークションの利用も主流となっています。
そんなネットオークションで六谷紀久男氏の着物を売ると、なんと相場は4000円程度です。

ネットオークションはプロの鑑定はなく、自分で好きな値段をつけることができます。
高額で出品するとなかなか売れず、結果的に値段を下げて出品しなければならないので、高額で着物を売る手段としては不向きかも知れません。

六谷紀久男の着物の特徴

六谷紀久男氏は大正から昭和まで活躍した伊勢型紙の彫刻師です。
伊勢型紙が主に三重県鈴鹿市で生産されており、同地生まれの六谷紀久男氏は大正8年から京都にいる兄の六谷芳方から型紙彫刻師の技術を学びます。

そして、型屋で独立を果たし、数々の伊勢型紙を生産していきました。

型紙の存在は平安や室町などの時代から存在すると言い伝えがありますが、伊勢型紙の発展は江戸時代からです。
当時、鈴鹿市の白子は紀州藩の天領で、藩の保護を受けて伊勢型紙の生産と発展が行われていました。

武士の裃にも型染が使われるようになり、さらに型売り業者は全国各地で売り歩くようになり、全国で伊勢型紙が知られるようになったのです。

一方、伊勢型紙は明治時代の太平洋戦争をきっかけに型紙業者が減ってしまいましたが、終戦後には着物の需要が再び高まったので型紙業者も復活し、昭和40年代は生産もピークを迎えました。

しかし、現在は様々な技術で染色されており、型紙職人も少なくなったので現在は伊勢型紙を使った着物などは生産数が少なく、大変価値の高いものです。
その一方、伊勢型紙の技術を伝承していこうと、技術保存会が設立され、さらに新しい応用などが模索さえています。

伊勢型紙には錐彫、突彫、道具彫、縞彫の技法があります。

六谷紀久男氏が得意としていた技法は錐彫です。

錐彫は型紙の彫刻でも最も古着技法であり、彫りには針のように細くて半円型の刃先が特徴的な小刀を使用します。
小刀を地紙へ垂直に立て、小刀を回転させながら小さい丸孔を無数に開け、様々な文様を描いていくのが特徴的です。
単純な文様のように思えますが1つのズレだけでも彫りむらが目立ちやすく、粒が揃うことが繊細な文様を描く上でとても肝心であり、かなり高度な技術を必要とします。

文様には鮫小紋や行儀、大小島津、通し小紋が代表的です。
六谷紀久男氏は染色家である小宮康助の勧めで、よりきめ細かな鮫小紋の研究を行っていました。
極鮫小紋は約3cmの丸孔を四方へ1000個以上彫るので、より高度な技術が求められます。

六谷紀久男氏の優れた技術力が認められ、昭和30年に人間国宝、重要無形文化財「伊勢型紙錐彫技術保持者」も認定され、雅号・梅軒(六谷梅軒)を襲名しました。

この六谷梅軒は、息子の博臣氏が二代目として平成8年に襲名しています。

昭和45年に開催された東京万博で伊勢型紙の彫刻を実演し、さらには鈴鹿市文化功労者を受賞されるなどの功績を残し、現在でも六谷紀久男氏が手掛けた繊細な文様は着物好きの間では人気があります。

六谷紀久男の着物を高値で売るコツ

六谷紀久男氏の着物は、高度な技術を必要とする錐彫の型紙で染色されており、さらに人間国家になっている彫刻家の着物なので通常でもなかなかの高額で取引ができます。

伊勢型紙は伝統工芸品なので、証紙や桐箱と一緒だとより価値は上がるでしょう。

六谷紀久男氏の着物を売る場合は、着物専門買取業者だと通常の中古買取業者より高額の取引に望めます。
着物専門買取業者の中には無料の出張査定、宅配査定などもあるので、自宅からでも気軽に査定と買取を依頼でき、大量買取にも対応していることが魅力です。

着物の知識を持つ鑑定士による査定なので、満足のできる価格で買取をしてもらえるでしょう。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ