大脇一心のインターネットオークションでの落札相場は18万円程度

大脇一心の着物をインターネットオークションのヤフオク!で売ると、だいたい落札相場は18万円前後になるようです。
それも、非常に状態の良いものに限られます。大脇一心は、縮緬でデリケートですので、保存状態が悪いと、3万円での落札ということも十分ありえます。

極上の逸品でも18万円、これを高いと見るか安いと見るかはそれぞれですが、もともとの購入金額を考えると、インターネットオークションを利用しての中古品の流通は、あまり高値とはいい難いでしょう。

大脇一心の着物は、購入するときは非常に高価なものです。

ただし、このインターネットオークションの落札相場は、あくまで目安に過ぎません。
大脇一心は辻が花と呼ばれる技法が特徴的な作家で、現存している品は300程度しかありません。
そのため希少価値がたいへん高く、高価な買取価格になるケースがあります。

しかるべき手順を踏んでいけば、高額買い取りも不可能ではありません。インターネットオークションも手間はかかりますし、どうせならちゃんとした業者を選びましょう。

大脇一心の着物とは!?

大脇一心とは、現代作家なのですが、桃山文化を彩る豪華絢爛な着物の伝統を継承している作家です。
大脇一心の辻が花は非常に華やかな着物ですが、高値で買い取ってもらうには落ち着いた色合いのもののほうが人気という傾向があります。
模様としては藤の花が頻繁に使われており、藤の花は非常にキレイで華やかなおめでたい席に着ていく着物としても知られています。
子孫繁栄という意味もあり、大脇一心の着物は縁起も良いようです。

藤の花は春先の花ですが、帯を季節に合わせて紅葉などにすることで、季節を問わずオールシーズン着ていただけます。
大脇一心は特に藤の花が好きだったようで、多く作られていますが、とても華やかで美しい着物となっています。

成人式の振り袖や訪問着としてもよく着られています。ですが、あまり流通していないのが特徴でもあります。

帯は四季の花や昆虫などをあしらった自然の風情豊かな帯がマッチするでしょう。
あまり頻繁に大脇一心を売り買いされる機会がありませんので、希少価値が高く、高額の買い取りが見込めます。
中国伝来の豪華絢爛な着物が特徴ですが、金箔などをほどこしており、非常に華やかです。

大脇一心の着物を高く売るコツは!?

大脇一心の着物を高く売るコツは、インターネットオークションに出すのではなく、中古の買取専門店にお願いするといいでしょう。
インターネットオークションは誰が買うかわかりませんが、着物買取専門店では、価値のわかる人が大脇一心の素晴らしさをわかった上で、買い取りしてくれます。

着物買取専門店では、買い取ったあと、催事などに流すために、高値で買い取りしているのです。

そのような着物買取店でしたら、大脇一心の着物をインターネットオークションよりはるかに高い価格で買い取ってくれます。

大脇一心の着物を取り扱っている業者はあまり多くありませんが、できれば複数の業者で見積もりを依頼することで、より高い額で買い取ってもらうことができます。
目利きが必要ですので、専門性の高い着物買取業者に買い取ってもらいましょう。