大島紬の中古は、オークションでは平均3000円前後

大島紬の中古品は、インターネットオークションのヤフオク!などによると、平均して3000円前後で取引されています。大島紬は有名ですが、ネットオークションで状態の悪いものが取引され、値崩れしてしまっているのが現状ではないでしょうか。
ですが、このヤフオク!の相場はあくまで目安に過ぎません。着物の中古買取のお店を利用すれば、それよりもはるかに、高い価格で大島紬を買い取ってもらえます。

大島紬は、とても有名な着物です。そのため、愛好者も多いことから、うまく買い取りに流せば、高値で買い取ってもらえます。良い顧客と出会うことが何より重要です。

大島紬とは

大島紬とは、奄美大島の大島となります。

大島紬の起源は定かではないのですが、古くから絹織物が奄美大島では作られていました。
奄美大島に自生するテーチ木や草木などを使って、染色が行われ、現在のテーチ木と泥による染色の起源となっているようです。

明治以前は、自家用として着用されていましたが、薩摩藩への貢物として作られるようになりました。明治時代には、商品としての流通が開始されるようになり、とても人気となりました。

泥染めがスタートし、原料糸として練玉糸が導入され、織り機で織られるようになりました。そのため効率がアップして生産性の向上に役立ちました。
明治34年には、大島紬同業組合が設立され、品質向上にも力が入れられるようになりました。明治35年頃には、現在の精巧で緻密な柄を作り出す技術は完成していました。

大正時代以降は、すべての大島紬が本絹糸で作られるようになり、昭和32年頃には、摺り込み染色法と抜染加工法が技術として成立するようになりました。そして、昭和50年、国の伝統工芸品に指定されたのです。
それ以降も人気を博しており、時代とともに多様な大島紬が開発されながら、伝統を従えて、技術が継承されています。

大島紬を高く売るコツ

大島紬を高く売るコツはいくつかあります。まずは、できるだけ早く売ることです。
家庭での保存は状態が良くなく、湿度の高い日本では、湿気などによってカビや虫食いが生じてしまうことがあります。また、家庭独特のにおいがありますが、それも大島紬のマイナス査定の要因となってしまいますので、においがつかないうちに、早期に売却した方がいいでしょう。

そして、万が一、状態が悪くて虫食いや破れなどが生じてしまった場合は、かけつぎなどの修理を行わず、そのままの状態で買い取り店に売却すると良いでしょう。コンディションの悪い状態でも買い取ってもらえることが多々ありますので、できるだけ早期に、買い取り店に持ち込んでみることをおすすめします。

高値買取ができる着物専門店で売りましょう


大島紬のほんとうの価値は、素人には判断が難しいものです。
そのため、古美術品の買い取り専門店など、着物の買い取りを専門で行っている業者に買い取りを依頼したほうがいいでしょう。

大島紬は、製法の工程が多種多様に渡るため、生産量が少ないのが特徴です。普通の着物よりも作るのが大変なのです。そのため、希少価値が見込まれますが、その正確な価値を判定できるのは、着物買取店だけです。

オークションでは先程見ましたように、素人が買い取りますので、状態の悪い着物が安値で取引されているというのが現状です。
自分が手に入れた大切な大島紬を高値で買い取ってもらうためには、和服専門店などの専門業者で、価値がわかる人に見てもらって、その価値が分かる次の人に買い取ってもらいましょう。数万円の差がつくこともありますので、ネットのオークションやリサイクルショップで売るよりは、着物買取店での売却をオススメいたします。