大彦の着物はどれくらいで売れる?

大彦の着物の中古価格は、ネットオークションでは40,000円程度

1875年創業の呉服商である大彦は、着物の価値も高いため、中古品であっても高く売りたいと思う方は多いでしょう。

しかし、大彦の着物をネットオークションの相場を調べてみた限り、40,000円程度にまでなってしまいます。
あくまでも目安にすぎませんが、ネットオークションの特性上安いものを買うという人が多く、高値で出品したとしても売り手が付かない状態になってしまう可能性が高いでしょう。

大彦の着物を高く売りたい場合はネットオークション以外の方法で売った方が良いと言えそうです。

大彦の着物の特徴

1875年に創業した大彦は、初代である野口彦兵衛により友禅染めと染刺繍の作品を中心に作っている呉服商で、現代でも人気が高い作品が多く、コレクターも少なくありません。

大彦の着物の特徴として挙げられるのは、1つ目に関西の友禅とは少し異なるデザインであることです。

元々伝統技法である友禅染めを用いて着物を制作していたのですが、染色技術を独自で研究し新たな友禅染めを生み出しました。
明治20年代になると、大彦ならではの優れたデザインとして、名前を東京一本立と言われるほどの個性的なデザインで人々を魅了していきました。

当時、友禅と言えば京都と言われるくらいだったのが、大彦によって東京の友禅が確立されていったのです。

他ではなかなか見られないような模様が多いのですが、当時野口彦兵衛がコレクションしていたインド更紗の影響を強く受けているのではないかと言われています。

インド更紗のデザインからヒントを得て、そこから新たな友禅染めを導きました。

2つ目の特徴は、今もなお伝統的な友禅染めの技法を取り入れていることです。

友禅染めには型友禅などの様々な種類がありますが、大彦で取り入れているのは手描き友禅です。
着物の構図を考えて下絵を書いていき、糸目に糊を置いていきます。
その後地染めを行ってから乾燥させ、着物全体のベースになる色を染めていくのです。
その後、下描きの部分から挿友禅を行っています。

この作業は着物の構図に合わせて配色をイメージし、染料・顔料を混合させて色を作っていくため、頭で完成図をイメージさせながら作っていく必要があり、熟練の技から成せるものになってくるのです。

また、全て手描きになるので労力はもちろん、集中力がないと構図どおりに仕上がらなくなってしまいます。
明治時代は型友禅が出回ってきており、手描き友禅の数も多少減ってしまいましたが、大彦は手描き友禅を続けていったのです。

新しいデザインを取り入れつつも、技法としては伝統的なものを引き継いでいるため、今の人気にもつながっていると考えられます。

また、大彦の着物は大胆なデザインのものが多い中、1996年に発表された数寄屋者好みというシリーズは、模様付けが軽く派手すぎない、人気のあるシリーズです。

大彦の着物を高値で売るコツ

大彦の着物を高値で売るコツとしては、やはり汚れや傷は最小限であることが大切です。

ないに越したことはありませんが、中古品となると多少の汚れや傷は出てきてしまうものです。
それも味になるのでアンティーク着物の好きな人には良いかもしれませんが、あまり汚れや傷がありすぎると着ることができなくなってしまうので、やはり汚れや傷はなるべく少ない方が良いでしょう。

そのためには大切に保管しておく必要があります。

また、着物を売る時はネットオークションではなく着物専門買取業者への依頼がオススメです。

汚れや傷を考慮しきちんと正しい価値を判断してくれます。
少しでも高値で売りたい場合は、着物専門買取業者に相談してみましょう。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ