丹下雄介の中古はどれくらいで売れる?

丹下雄介の着物の中古価格は、ネットオークションでは27,000円程度

染色作家である丹下雄介の着物は、まるで芸術作品のような色彩が魅力的な着物となっています。
そんな素敵な着物だからこそ、最近着なくなったことはもったいないので、着物が好きな人に買い取ってもらいたいと考える方も多いのではないでしょうか?
ネットオークションで出品されている丹下雄介の着物の平均価格を見てみると、約27,000円となりました。
魅力的な着物でも、中古品になってしまうとどうしても価格は落ちてしまいやすいです。

紹介した平均価格はあくまでも目安ではありますが、ネットオークションで高値で売ることは難しいかも知れません。

丹下雄介の着物の特徴

丹下雄介の着物の特徴と言えば、やはり他の着物とは異なる色彩の魅力ではないでしょうか。
単純に染め上げるだけでは引き出せない色の深みを、丹下雄介は引き出し自然美として表現していきます。

この深みを出すためには蝋纈染め(ろうけちぞめ)という技法を用いる必要があります。

蝋纈染めとは、蝋と樹液を混合させて織物に浸染させてから蝋を落とし文様を出していく方法です。

まず図案を作成し、下絵を作っていきます。
そして下染めと呼ばれる作業を行い、1回目の蝋伏せを行います。

次に地色を出すための地染めをしてから2回目の蝋伏せとなります。
更にシルエットの中色を出すための地染めと蝋伏せを行い、4回目の地染めでシルエットの濃い色を出していきます。

4回目の地染めが終了した時点で、蝋を全て取り除き蒸して染料を定着させる作業に移ります。

水洗いが済んだら「蝉吹雪」と呼ばれる色を散らして蝋を柔らかく見せる働きをしてくれる作業を行い、最後の地染めを行います。
もう一度蝋を取り除き、蒸し作業と水洗い、仕上げが済んだら完成となります。
多くの工程を重ねていくからこそ、深い色味も出すことができるのです。

この技法は京友禅で用いられる技法の一つであるのですが、手描き友禅とは違って分業で行うのではなく、全ての作業を一人でこなさなくてはなりません。

その分、蝋纈染は作家が思い描いたものが全て反映されるため、より個性的な作品が多くみられます。

丹下雄介の着物の艶やかな色味と大胆な構図は他の着物ではなかなか見られません。

これは、イメージを着物ではなく美術展や日展などに出品されているものからイメージを沸かせているので、美術的な要素が多くみられるためです。
もちろん、色彩だけではなく着物自体の着心地や肌触りにもこだわっています。

美術的な一面もあることから、普段から着用したいけど少しもったいないと感じてしまう方も多いかと思いますが、ぜひ日常的に使って欲しい着物です。
また、丹下雄介の作品には、着物以外に帯があったり、和装小物として和柄を取り入れたストールやスニーカーなどもあります。

着物だけではなく洋服と合わせられるアイテムもあるので、様々なシーンで丹下雄介の作品が使いやすいと言えます。

丹下雄介の着物を高値で売るコツ

丹下雄介の着物を高値で売るコツとして、シワや汚れなどが少ない状態で売ることが大切です。
少しでもシワや汚れなどがあると価値が下がってしまうので気を付けましょう。

また、購入した際に付いてきた箱や証紙などがあるとより高い価格で買取してもらえる可能性があります。

もう一つ高値で売るコツとして、ネットオークションではなく着物専門買取業者を利用することが挙げられます。
着物専門買取業者では、作品の正しい価値を見極めて買取を行うので、丹下雄介の作品であればそれだけで高価買取も期待できるでしょう。
ぜひ、丹下雄介の着物を売る時は、着物専門買取業者に買取査定を申し込んでみてはいかがでしょうか。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ