に志田の着物はどれくらいで売れる?

に志田の着物の中古価格は、ネットオークションでは190,000円程度

京都の老舗呉服店である「に志田」の着物を売りたいと考える方も多いでしょう。

売る方法は様々ありますが、手軽に取引ができることからネットオークションで着物を売る人も増えています。

ネットオークションでに志田の着物を売った場合の相場を調べてみると、平均相場は約190,000円です。
ネットオークションにしてはかなりの高額ですが、ネットオークションは競りによって金額が挙がっており、求める人が少なければ価格も低くなってしまいます。

また、いきなり高額に設定すると売れない可能性もあるので、確実に売る方法としては不向きと言えるかも知れません。

に志田の着物の特徴

に志田は1941年に西田住連七氏が創業した、京都で老舗の呉服店です。
西田住連七氏は古代屋を営んでいた叔父の木原光治郎氏から呉服の知識を学び、その後独立して京都に創業しました。

に志田は訪問販売が中心で、現在でも創業当時からの販売方法を行っています。
着物や帯など呉服は古典的で気品があり、優雅さを感じる製品づくりを守り続けていいます。

古典的な着物というと古いイメージがありますが、に志田の着物は古くささを感じないほど上品な仕上がりだと評判があります。
柄の大きさや色使い、配色、描写のバランスなどに配慮されているので、現代的な古典柄になっているのでしょう。
に志田の美的センスの高さがうかがえます。

に志田の着物は手描き友禅や京刺繍など様々な伝統技術をいかして作り上げています。
オリジナルのデザインからもちろん、染色に仕立て、製造までを行っているのです。

主題には古典的な小袖、能装束、正倉院文様、季節の草花を中心にオリジナルのデザインを展開しています。
高品質な着物は京都でとても愛されており、祇園、先斗町、上七軒といった花街の芸妓さんや舞妓さんの衣装も多く手掛けているのです。

また、に志田はお客様の話や要望を聞き、それぞれに合ったものや好みの着物を提供している気遣いも魅力です。
展示会も定期的に開催しており、京が伝わる呉服を楽しめると愛好家などから人気があります。

に志田が使う京友禅は、元禄時代に京都で誕生しました。
布を染める技法は以前からありますが、京友禅は辻が花染や茶屋染が起源と言われています。
京都で扇に絵描いていた宮崎友禅斎氏が着物の生地に描いたことから、京友禅が誕生したと言われているのです。
友禅とは宮崎友禅斎氏の名前にちなんで名づけられています。
友禅の登場後はブームとなり、源氏物語を題材にした衣裳雛形本でも友禅染めの文字が描かれていました。
のちに、宮崎友禅斎氏が金沢で過ごし、金沢でも友禅の影響があり加賀友禅が誕生した秘話もあります。

現在でも手描き友禅はとても人気であり、文明開化により化学染料の染色が主流となっています。

しかし、に志田は京らしさを特に大切としているため、京友禅の伝統に沿って着物や帯などを製造しています。
京友禅では多彩な色を使うので配色バランスも重要ですが、工程も手間がかかるので高度な技術を必要とする技法なのです。
それでも、に志田は高品質な着物を提供するために、苦労を惜しまず丁寧に作り上げ続けています。

に志田の着物の着物を高値で売るコツ

に志田の着物は高級なので、1着のみでも十分な高値がつくでしょう。
より高値にしたい場合は着物の包装や証紙と一緒に査定してもらうのがおすすめです。

また、着物の状態の良さも価格に反映されます。
買取業者は数多くありますが、着物を売る場合は着物専門買取業者がおすすめです。
着物の知識を豊富に持っているので、に志田の着物も正しい評価で適切な買取額を提示してもらえます。
少し汚れがあっても着物専門買取業者では、しっかり買い取ってくれるところが多いので安心です。

出張買取や宅配買取に対応したところも多くあり、お店から遠い方、大量買取をしてもらいたい場合にも最適でしょう。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ