長井紬の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

長井紬の買取り相場はオークションではいくらなの?

山形県長井市周辺や米沢市などで作られている長井紬は、日本の伝統工芸品にも指定されている素朴さが魅力的な織物。
そんな長井紬を売ることを考えているならまずは相場のチェックです。

ネットオークションで売る場合を調べてみると、平均12,000円程度で買取りされています。
長井紬の中古の最高値は27,500円で売る事ができています。
最安値は210円からありますから価格の幅いが非常に広いです。
なおこれらの数字は目安に過ぎません。

長井紬を高値で売るのなら着物への深い造詣を持った着物買取店に見てもらうのがおすすめです。

参考:長井紬を買取りしてくれる店一覧

こういった店は無料で査定してくれるので、値段に満足ならば売ることを検討すると良いでしょう。

長井紬の特徴を徹底解説

山形県の伝統工芸品にも指定された「置賜紬」は山形の3地域における織物の総称で、米沢織・白鷹織・長井紬が選ばれています。
中でも長井紬は長井市周辺で作られるようになった織物で、素朴な紺色や茶色、ねずみ色などを中心に使い、昔ながらで大きめの模様が特徴的です。

長井市周辺の地域では元々直江兼続の施策により「青苧」と呼ばれる植物を育てて全国各地に出荷していました。
青苧はその繊維を使って織物にすることができ、例えば越後上布や奈良晒、小千谷縮などにも使われていました。

参考:奈良晒を売る

しかし、その後藩主となった上杉鷹山公によって青苧ではなく養蚕地帯へと変えていったのです。
養蚕地帯となった長井市周辺では、養蚕業を営みながら越後から織物の職人を招いて絹織物を習います。
こうして長井紬が作られるようになっていったのです。

その後も長井紬は地域の特産品になり、地元の人に愛される織物になっていきました。

明治時代に入ると長井市内にあった織物問屋が新潟の織物産地でもある十日町市から指導者を呼び、新しい絣技術を普及させていきました。
絣技術が普及したことで作られるようになったのが、現在長井紬の代表的な織物でもある「米琉絣」です。

長井紬の特徴は、緯糸のみ絣糸を使っている横絣の織物であるということが挙げられます。
染色しておいた糸を使って織っていくことで複雑で繊細な模様を描くことができます。
さらに「擦り込み染」と呼ばれる竹べらを使って糸に色を擦り込む技法を用いる場合もあります。
擦り込み染は結城紬にも使われている技法であり、素朴な風合いが魅力的な着物が作られます。

長井紬は、着尺地や羽尺地など、着物や羽織物として使われることが多いです。
色合いや模様的に日常使いが一般的ですが、米琉絣の中にはシンプルで上品な模様も多く、お出かけの際にも使える織物だと言えそうです。
肌触りも絹が使われているため、心地良く着用することができます。

米琉絣などを中心に長井紬は高価買取りを目指すことも可能なので、長井紬の職人や米琉絣かどうかを確かめてみるのがおすすめです。

もし本物の職人の手で作られているもの、米琉絣であることが分かれば、着物買取店にて高値買取りも狙えます。

長井紬を高値で売るコツ

長井紬を高値で売るコツは、本物である証(証紙)が付属していることが大切です。
また、それ以外にも着物の状態によっては高値買取りも可能です。
例えば、中古品であっても丁寧に保存されており、傷や汚れ、虫食いがないなど状態が良ければ高値買取りとなる可能性も高くなります。

売る際は着物への深い知識を持った着物買取店を選びましょう。

参考:長井紬を買取りしてくれる店一覧

宅配での査定や訪問買取りにも応じてくれるので大変便利です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ