夏塩沢の着物の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

夏塩沢の買取り相場はオークションではいくらなの?

夏塩沢とは、本塩沢の糸を夏用の細糸にして織ったものを言います。
この夏塩沢がタンスにあるのなら、売る事を検討してみてはいかがでしょうか?
ネットオークションで夏塩沢を売る場合を調べてみると、買取り相場は平均32,000円程度です。
中古の最高値はやまだ織の夏塩沢で79,500円で売る事ができています。
ちなみに最安値は1円からあります。
もちろんこの数字は目安に過ぎません。

夏塩沢を高値で売るのなら、その価値が分かる買い手に売るのが一番です。
着物買取店なら夏塩沢だけでなく着物全般への深い知識を持った査定員が見てくれるのでおすすめです。

参考:夏塩沢の着物を買取りしてくれる店一覧

鑑定自体は無料なので、提示額に満足なら売る事を検討してみましょう。

夏塩沢の特徴を徹底解説

夏塩沢とは100年程前の明治時代に誕生した織物で、麻織物の衰退によってその技術を生かして作られたものとされています。
塩沢と呼ばれる織物は、「越後上布」「平塩沢」「塩沢紬」「本塩沢」「夏塩沢」と様々あり、これらの織物はそれぞれの織り方によって素材が異なっています。
塩沢で織物が始まったのは奈良時代であり、日本では織物といったら麻織物が主流となっていましたが、それが綿や絹に変わって江戸時代には絹織物である本塩沢の基礎となる部分ができてきました。
この本塩沢は”塩沢お召”とも呼ばれていて、経糸と緯糸は甘撚りの生糸を使用して、さらに緯糸に生糸の強撚糸となる地緯糸を使用しています。

そして本塩沢の夏物となるのが夏塩沢で、これは経糸と緯糸を生糸・玉糸の強撚糸となる駒糸を使用して、独特の肌触りとシャリ感を楽しむことができます。
このような夏にぴったりの夏塩沢は、涼しい着物の特徴である透け感があり、カジュアルな装いとして使用できるので、普段使いからお出かけやお食事など、おしゃれに活用することもできます。

夏の着物は7月や8月に着るため、夏のイベントにおしゃれに着こなすことができると注目度もアップしますが、夏の着物には裏がなくて夏塩沢には、透明感とシャリ感が強くなっています。
そのため下着が見えないような対策として、着物の後ろ身頃辺りに居敷当てという白い布を、一緒に仕立ての時に縫い付けてもらうと、透け感を防ぐことができます。
もしくは長襦袢を着ても良いでしょう。
長襦袢を着ても種類によっては、透けてしまう可能性があるので、裾除けが透けないものを着てみましょう。

夏塩沢を高値で売るコツ

夏塩沢を持っていても、夏だけしか着ることができず、なかなか着る機会に恵まれないといった場合、どこに売るのが最も良いのでしょうか?
夏塩沢は1年間のうち、7月~8月といった短い期間に集中して着ることになるため、きちんと保管しておかなければ虫に食べられてしまったり、カビが発生してしまう恐れがあります。
このような状態にがなってしまうと、せっかくの品物でも高値で売るのが難しくなってしまうので注意が必要です。

夏塩沢を高値で売るのなら、その真価を見極める事ができる着物買取店に出すのが良いです。

参考:夏塩沢の着物を買取りしてくれる店一覧

こういった専門のお店は出張買取りや宅配査定にも対応しているので時間の無い方にもおすすめです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ