長襦袢の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

【長襦袢を高く売る】おすすめ着物買取店3選

長襦袢を高値で売るのなら全国ネットの着物買取店に査定してもらうのがおすすめ。
こういったお店は無料査定してくれるので安心です。

1、バイセル

スピード感と全国対応で定評あり

タレント起用のテレビCM等でおなじみのバイセル。
他のお店では査定してもらえなかった長襦袢も相談に応じてくれます。

処分してしまったほうが良いかなと思えるような長襦袢でも値段が付くかもしれません。
捨ててしまう前に無料で見てもらいましょう。

出張買取 宅配買取 対応地域

※送料無料
全国
※季節事情または一部地域は出張が難しい場合もあり


バイセル公式サイト

2、福ちゃん

買取実績豊富な定番店

イメージキャラクターに有名人を使っている事から知名度の高い福ちゃん。
キャンセル料、査定料、出張費等が一切かからないのが魅力。
長襦袢はもちろん帯や反物、和装小物にも対応しています。

出張買取 宅配買取 対応地域
※送料無料 全国

福ちゃん公式サイト

3、着物買取プレミアム

3つの査定方法に対応

女性のプロ査定員も在籍しているので男性に抵抗がある方にもおすすめ。

出張、宅配、持ち込みと、3つの方法に対応しているので便利です。
全国、24時間申し込み可能なのも魅力。

出張買取 宅配買取 対応地域
※送料無料 全国
※季節事情または一部地域は出張が難しい場合もあり


着物買取プレミアム公式サイト

長襦袢の買取り相場はオークションではいくらなの?

もう着ない長襦袢を売る事を検討しているのなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。
ネットオークションで売るケースだと、平均相場は4,600円程度です。
中古の最高値は千總の長襦袢と川島織物の本袋帯のセットで 284,000円で売る事ができてます。
逆に最安値は1円からありますから、価格の幅が相当広いのが分かります。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

長襦袢を高値で売るのなら、その真価が分かる着物買取店に鑑定してもらうのがおすすめです。

長襦袢の特徴を徹底解説

着物の下に着る長襦袢は、着物に適した物を身につける必要があります。
まず、着物を着る前に素肌に直接つける肌襦袢があり、それから長襦袢を着ます。
長襦袢の役割は着物の下に身に付ける重ねの着物であり、着物にきちんと見合った長襦袢を着用しなくてはなりません。

・黒留袖、色留袖、喪服

基本的には白地の長襦袢を着用しますが、襦袢の地紋が吉祥文様の場合は、喪服での使用を避けるのが一般的です。
どちらでも使用できる長襦袢の場合、波の柄や花の柄など当たり障りがない地紋の長襦袢を使用します。

・小紋

普段使いができる小紋の場合、薄い地色の長襦袢であればきれいなものや絞りが入った長襦袢でも使用できますが、濃い色合いの着物の場合はその中間色や着物の色合いにあった長襦袢、柄の長襦袢などに変えても楽しめるでしょう。

・訪問着、付下げ、紋付き

訪問着などは薄めの色合いの着物も多くあるため、長襦袢も派手な色合いの物よりも柔らかな色合いを選ぶと合わせやすくなります。

淡く柔らかな色やすかしで濃淡に染めが入っているものなど、品がある色合いを選ぶとよりしっくり着る事ができます。
絞りが入った長襦袢は、品良くまとめることができます。

・振袖

振袖の長襦袢はしっかりと選ばなければならず、振袖に合わせたものを選べるかも重要になってきます。
振袖は袖が長くなっているため、着物から長襦袢の袖が飛び出るケースもあり、飛び出てしまった場合は、それがとても目立ってしまいます。
そのため、見えても良いように柄だけでなく、品質が良い長襦袢を選びましょう。

振袖は、着物だけでなく長襦袢も目立ってしまうため、地色に合った色合いですかしのあるものや品良くまとめられるものを選んで着用しましょう。

・紬類

紬を着る場合、長襦袢の色は淡いものでなく、少し濃いめの色合いのものを選ぶと紬の良さを引き立てられます。
紬はどうしても色合いが素朴で落ち着いた雰囲気のものが多くなっているため、色が映える長襦袢を着用すると、個性や色合いを楽しむ事ができます。

長襦袢を高値で売るコツ

着物に欠かせない長襦袢ですが、少しでも高値で売るためには何を気をつけると良いのでしょうか?
どうしても肌に触れる部分が多いので、シミや汚れにはもちろん気をつけなければならないのですが、長襦袢の価値をきちんと評価して査定してもらう事も重要です。

着物関連の査定を常に行っている着物買取店であれば、長襦袢の真価をきちんと評価してもらえます。

参考:長襦袢を買取りしてくれる店一覧

店は訪問買取りや宅配査定にも対応してるので大変重宝します。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ